FC2ブログ
2005
07
31

ココノツ

 
う~ん。 ひさしぶりのクトンの海。
 
shizuren とクポクポは、
クトンの透き通った海に潜って遊んでいた。
 
向こうの方で大きな魚が泳いでいるのを見つけた。
 
「 クポクポ! 大きな魚がいるよっ 大ダコかも・・・」
 
shizuren は、近づいていった。
 
 
 
【 ココノツ 】
 
「 ねぇ、クポクポ。 この魚は なんて言うの?」
 
「 クポッ? クポクポポ・・・」
 
ココノツっていう名前の魚だって、
ヒレが、胸ビレと尾ビレを合わせて9つあるから
この名前が付いたんだって。
 
大きさは5mぐらいかな? 動きはゆっくりだねっ。
マンボウの仲間らしいけど・・・
 
とっても、おとなしい魚で、丸くて大きいから
海の太陽とか呼ばれているらしい。
 
 
「 海の太陽か・・・ 素敵だねっ♪」
 

 

 

スポンサーサイト



2005
07
28

タイヨン

 
裏の世界では、壮絶な戦いが始まっている 「koha の古城」。
その一方で のんきな まもの達は今日もドタバタ大騒ぎ。
 
その中でも、一番はしゃいでいるのが・・・
この、いじわるな まものの 「タイヨン」!!
 
 
 
 
パッっと見た目、カエルのような姿をしているけど、
太陽のように体温があったかいんだよ。
 
だから、冬の寒い日は、タイヨンのまわりには
まもの達が、集まってきて暖まっているの。
 
でも、夏の暑い日は、みんなから嫌われるの。
 
だから、タイヨンはみんなの気を引こうとして、
いじわるしているのかな?
 
わざと、みんなに近寄っていって
いじわるするの・・・
 
ちょっと、かわいそうな まものかもね♪
 
 
 
 
「 あ~あっ! 早く冬がこないかなぁ・・・」
 
タイヨンの声が聞こえてきそうだねっ。
 
2005
07
23

っで、CM♪

 
 
KURI  KINO
 
 
 
 
 
「 DECHI 」の森の、2大スター夢の競演!!
 
 
いたずら大好き KURI 
のんびりや KINO が、巻き起こす
 
「 DECHI の森の探検隊 」
 
近日公開予定!!
 
 
 
・・・・なんちゃって。
無理矢理、CMっぽくしちゃったYO。
 
 
2005
07
22

タイトルなし

しずは、ずっと 「なるしまゆり」 の大ファン!!
「少年魔法士」 を読んでから、もう とりこ になっちゃった♪
最初、読みにくい感じもするけど、慣れてくるとたまらなくいい!!
「プラネット・ラダー」 も独特の世界観があっていいYO。
個人的には、カガミさんの活躍がもっと見たかった~~~。
2005
07
22

タイトルなし

しずは、結構漫画読んでるけど、ひさびさの面白い漫画。
「魔は滅するにあらず―― 鎮女(しずめ)るべし」
九十九神の“土蜘蛛さん”が、どんどんかわいくなっていくの。
2005
07
20

イタチ???

誰っ?!! イタチの最後っ屁って、最初に言った人~~!!おならのイメージがついちゃったじゃんかっ!!まあ、いいさっ! おいらの最後の武器だからねっ!おまイタチも・・・ 味わってみたいかい? ぶはっ♪さ~てっ! 今日も いたちごっこして遊ぶかぁーーー♪
2005
07
17

サハラの願い

 
「 うぎゃああああーー!!」
 
マリアナの究極魔法の攻撃を受け、敵は瀕死の状態だ。
そこへ、何者かが現れた・・・
 
 
「 止めるんだ! マリアナ!!」
 
マリアナが、放った究極魔法による刃の様な風の中で
サハラ・オーカーはマリアナを制止しようと立ち向かった。
 
 
 
 
「 もういい・・ マリアナ・・・ 」
 
サハラは、我を忘れて攻撃しているマリアナを抱きしめた。
 
「 マリアナ・・ その魔法は危険すぎる。」
 
「 このまま悪魔の爪を使うと、お前の心は闇に包まれてしまう。」
 
そうだった。マリアナの究極奥義は、全てを切り裂いてしまうけど、
それを使った魔法使いは悪魔にとりつかれてしまうんだった。

「 マリアナ! 目を覚ませ!!」
 
サハラは、身を切り裂かれながらも必死で願った。
 
サハラの願いが通じたのか、徐々に風の勢いが弱まってきた。
マリアナが、我に返った!!
 
「 サハラ・・・? 」
 
「 よかった。 間に・・・あって・・・・・」
 
サハラは体中、切り裂かれて意識を失って倒れた。
マリアナも意識が戻ったものの
立っている事ができないほど衰弱していた。
 
 
 
サハラ・・・ マリアナ・・・ そして、アルプス・・・
「 kohaの古城 」 を守ってきた3人が倒れてしまった。
 

2005
07
16

とかげもどき


 
 
爬虫類を飼っている人は、誰でも知ってると言われる
「 ヒョウモントカゲモドキ 」
元気がいい奴ほど、しっぽが太いのよ。
 
よく見ると2匹いるのわかるかなぁ??
この子たちも、しずの家で生まれた2代目たちだYO
この2匹もペアで、卵バンバン産んでるんだけど、
3代目はまだなんだよ・・・・
 
知ってる? トカゲモドキは、ヤモリなんだよ。
まっ、どっちでもいいか・・・
 
2005
07
16

タイトルなし

2005
07
16

ちびキノ♪

 
 
あ~~~っ!!
 
もしかして、キノコガメの赤ちゃん???
 
きっと、そうだよ。 前、お腹痛いって言ってたのは
食中毒じゃなくて、子供がお腹の中にいたんだ。
 
 
おおっ! まだ、背中のキノコが小さいねっ。
 
「 ちびキノ♪・・・ こっちおいで・・・」
 
すると、ほらっ、喜んでこっちに向かってくるよ。
ヨッコラ・・・ヨッコラ・・・
 
 
うん?・・・ 卵? 赤ちゃん・・・?
キノコガメは、やっぱり卵を産むのかな?
 
小さいキノコ産んで、時間が経つと・・・
しっぽが出て、顔が出て、手足が出てくるかもねっ。
 
なんてったって、謎の生き物だからねっ。
 
森の中でキノコを見つけたら、しっぽが出てるか確かめよっと!
 
 
2005
07
13

悪魔の爪の翼

 
まっ白な霧の中から・・・
マリアナ・ブラック が浮かび上がった。
 
悪魔が乗り移った様な姿をして・・・
 
そう、マリアナもまた、究極の奥義の魔法を使っていた。
その奥義の名は・・・ 「 DEMON CLAW WING
 
まさしく、悪魔の爪の翼!
 
 
どうやら、アルプス・ホワイトは、かすかだが息をしている。
 
この戦い! 時間をかける余裕がないの。
早く終らせないと、アルプスの命が危ない!!
 
アルプスの・・・ いや、みんなの願いをかなえる為・・・
マリアナ!思い切り暴れてっ!!!  そして・・・
 
こんな戦い・・・ 全て終わりにしちゃって。
 
 
 「 DEMON CLAW WING
 
今、悪魔の爪の翼が 風を斬る!
 
 
2005
07
08

青い妖精

すると・・・ あの赤い妖精が、仲間を連れてきた。青 : 「 へぇ~~ これが人間っていう生き物か・・・」青 : 「 羽がないんだなぁ・・・ オレたちみたいに 飛べないんだね・・・」どうやら、青い妖精は男の子のようだ。青 : 「 お腹すいたっ! 何か食べさせておくれよっ」いきなり言われても、何も用意してないから・・・そうだ、いいものがあった。 ちょっと外に来て!はいっ、これっ、犬のうんこ。 青 : 「 おいおいっ!!! ハエじゃないんだぜ~~。」赤 : 「 おいっ!人間!! ぶっとばすぞ!」どうやら 赤い妖精は怒ったみたい・・・  ごめんねっ
2005
07
06

ANGEL WING

 
マリアナ・ブラック が・・・
大けがをして、倒れていた。
 
このままでは、とても危険な状態だ。
 
アルプス・ホワイトは決心した!!
 
精神を集中して、全魔法エネルギーを凝縮させはじめた。
 
 
「  アル・・・ やっ やめろ・・・ 」
 
「 その魔法は・・・お前の寿命が・・・ 」
 
 
マリアナは、息も絶え絶えに首を振りながら叫んだ・・・
 
 
 
 
「 いいんだよ。 マリアナが助かれば・・・ 」
 
「 小さい頃、助けてくれたお返しよ。 」
 
 
そう言うと、アルプスは究極奥義 「 ANGEL WING 」の魔法を使った。
 
 
アルプスの体が、白く輝きだし・・・
背中に、白い天使の翼が現れた!!
 
 
ANGEL WING 」 ・・・その魔法は、回復系魔法の奥義のひとつ。
自分の命をけずって、仲間を瀕死の状態から救う諸刃の魔法である!
 
 
 
アルプスは、翼をはばたかせると・・・
白くほのかに光る霧が、マリアナを包んだ。
 
 
「 アルーーーーー・・・! 」
 
 
白い霧の中で、泣き叫ぶマリアナの声が響いていた・・・
 
 
 
アルプスとマリアナについて詳しく知りたい方は
フォトにあるkoha の古城のカテゴリを見てねっ!
 
 
 
2005
07
02

ルージュ と ドンペラ ?

 
「 ポッポーポッポーポッポー・・・」
 
koha の古城に、時を告げる音がこだましていた。
今は夜の9時か・・・ うんっ?10時・・・
えっ、えっ? ・・・もう12回以上鳴ってるねっ!
 
koha の古城の時報は、
まじめな時計の まもの「ポッポー」が鳴らしてるから
間違うはずがないんだけど・・・ 変だね・・・
 
他の まもの達が異変に気付き、
次々と・・・ポッポーのまわりに集まってきた。
 
「 おいっ!あれを見ろよ!」
 
 
 
そこには、いたづらされて鳴き続けるポッポーがいた。
 
「 だれか・・・ 助けて・・・」
 
集まってきた まもの達がポッポーを助けた。
 
「 ココが・・・ ふたを閉めれなくしたんだ・・・よ・・・」
 
ポッポーは、むせながら、みんなに話した。
 
「ココが? ・・・あの ココ・エクリュ の事?」
 
「 うそだぁ・・・ ココがするわけないじゃん!」
 
集まってきた まもの達はみんな、ポッポーの話を信じなかった。
 
「 ほんとだよ~! あっ! あれを見てよ・・・」
 
集まった まもの達は、ポッポーの指差す方を見た。

 
 
すると、そこに、ココが、逃げてくのが見えた。
 
「 あっ! ココだっ! 本当にココがやったのかっ?」
 
まもの達は、驚いた!!
 
いつも優しくしてくれる ココが、こんな いたずらするなんて・・・
 
 
 
 
「 ひひっ! うまくいったね♪ ドンペラ・・・」
「 この調子でバンバンいたずらしちゃおう♪」
 
「 どどどっ♪」
 
 
 
 
どうやら、ルージュとドンペラのしわざのよう・・・
だけど、koha のまもの達は気づいてないみたい。
 
はじめての方は、過去の記事を見てね。
  ドンペラ http://diary.cururu.jp/shizuren/80001412896
ルージュ と ドンペラ (1) http://diary.cururu.jp/shizuren/80001474087 
 ルージュ と ドンペラ (2) http://diary.cururu.jp/shizuren/80001478942
 ルージュ と ドンペラ (3) http://diary.cururu.jp/shizuren/80001536310 
2005
07
02

赤い妖精。

4cmぐらいの 大きなハエね~って思ってたら・・・ 妖精じゃん!夢でも見てるのかな??  「 おいっ! そこの人間! 暑いぞっ! なんとかしろっ!」いきなり、怒られた・・・しかたがないから 冷蔵庫から氷を持ってきてあげた。「 おお~~っ 人間、気がきくなっ! やればできるじゃないか!」「 よしっ、仲間を呼んでくるから待ってろ!」といって、姿を消した・・・    目ガ覚めた。 夢だったのかな?
2005
07
01

タイトルなし

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム