FC2ブログ
2005
08
31

昔は

まだよかった探偵ねー。このころはまだ探偵の厳しさをしらないころ、(-ω-;)ん~~なんというか・・・リボン2こ・・・( ゚∀゚)・∵. グハッ!!
スポンサーサイト



2005
08
31

不死鳥ホロ♪

この鳥は、koha 魔のようちえんのムーン・シルバー園長先生のペットの不死鳥から生まれた ひな の ホロちゃん♪まだ、赤ちゃんだから、羽が全くない!(決して描き忘れじゃないYO!)ようちえんの ちび魔女たちの間では、人気者なんだよ。ホロちゃんは、羽がない代わりに、足に吸盤みたいなのがついていて・・・どんな壁でも、天井でも、歩けちゃうっ♪  ものすごいスピードでっ!!大きくなったら、どんな姿になるのかなぁ・・・ (楽しみだねっ♪)
2005
08
29

苦労します^^;

一反木綿  「この子には苦労します^^;」金玉郎  「♪(v〃∇〃)ハ(〃∇〃v)ィェィ♪」一反木綿  「ちゃんちゃんこ1枚で出歩くな~」
2005
08
28

魔法犬 ロコ♪

魔法使い ココちゃん♪のお家にいる 魔法犬 ロコ!すっごく寂しがりやさんなんだけど、がんばってお留守番。ココがピンチになると、首につけてるペンダントが教えてくれるの・・・すると、ロコは自慢の長い耳で空を飛んで助けに行くのかなっ?みんなも、かわいがってあげてねっ♪
2005
08
28

どもっ☆

可愛らしい絵どーも有難う御座います!!
2005
08
28

タイトルなし

2005
08
28

ココちゃん お散歩♪

ご存知! 魔法使いのココちゃん♪今日もホウキに乗って お空をお散歩・・・見かけたら声をかけてあげてねっ♪
2005
08
27

ちゃらうさぎっ♪

「ちゃららん♪ ちゃらちゃら~~♪・・・」すずのの、変だようさぎの 「ちゃら」ですっ!!しずちゃん、はげましのイラストありがとっ! 元気になりましたっ♪ しずちゃんの絵に似てる??カナッ  すずのは、しずちゃんの弟子でしっ!
2005
08
27

タイトルなし

2005
08
25

悪の大魔道士

 
 
マリアナの究極奥義 「 デーモンクローウイング 」 により
悪の組織を一掃したと思っっていたが・・・ 立ち上がる者がいた!!
 
悪の組織の親玉・・・ 名前は知らないが、
「 koha の古城 」 の征服をたくらむ謎の大魔道士だっ!!
 
 
「 貴様ら・・・ よくも、俺様のかわいい下部たちを・・・」
 
 
 
 
 
それに気づいたマリアナ、サハラ、アルプス、ウラルだが・・・
この巨大すぎる大魔道士の前には、もはや倒す術が残っていない。
 
どうする? koha の守り神たち・・・!
 
 
 
「 こうなった以上、貴様らは皆殺しだ!!!」
 
 
そういって、大魔道士は最後の大魔法を使う為
周りの気を集め始めた!!!
 
 
絶対絶命の大ピンチ。
「 koha の古城 」 は、この者に征服されてしまうのか??
 
 
 
 
ドガラガラーーーンッ!!
 
 
そのとき・・・ 近くの岩壁が突然くずれた!!
 
土ぼこりが舞い散るなか・・・
小さな複数の影が浮かび上がる・・・・
 
 
2005
08
24

*After the reed*

ヽ(o´∀`o)゚.:。+コンニチワ+゚.:。゚(o´∀`o)ノ訪問ありがとうございます.。゚+.(*´ェ`*)ポッ 。+.゚ 暇な時があればまた来てくださいねwwそれではお邪魔しました~
2005
08
22

ねー

裏表が激しい、探偵ねーお届けに参りました♪朝はご注意を........
2005
08
21

足跡

訪問させていただきました!足跡絵を置いていきます!
2005
08
21

タイトルなし

もうっ!大好き♪ 特に奥さんのヘレンことイラスティガールに夢中♪
あんな、かっこよくて、かわいい奥さんはあこがれねっ♪。
特に表情がかわいすぎっ!口がかわいいと思うんだけど・・・  それと、
お尻が大きいのを気にしているのかな? 鏡見てためいきついたシーンがあったけど、そこが魅力的でいい。
インクレディブルより、よっぽど活躍してるし、ヴァイオレットやダッシュ、ジャックジャックも、みんなかわいいねっ♪
PIXARの映画の中で一番好き。 2 やらないかなぁ・・・♪
2005
08
21

ココの散歩♪

おおっ! 久しぶりに落書きしちゃったYO~~。いつもと、ちょっと違った感じにしちゃったけど・・・いい雰囲気でてるかなぁ・・・♪
2005
08
20

?

ダキ!!(*^ー^人^ー^*川スリスリ! 
2005
08
20

訪問

訪問有難う御座いますwまた来てくださいネ
2005
08
19

タイトルなし

う~ん・・・ やっぱり好きだから レビューに載せちゃう。
1巻をたまたま読んでから、ずっと隠れファンなの。
およそ遠しとされしもの 下等で奇怪 見慣れた動植物とはまるで違うとおぼしき異形の一群を「蟲」といい・・・それを研究したり退治するのが「蟲師」なんだけど、主人公のギンコが、いい味だしてるんだよ。 絵は最初は雑かなって思ってたけど読んでいくうちにとってもいい雰囲気になっている。 とにかく、ストーリーがいい! 自然の中のちょっとした出来事を蟲に例えて物語を創っていて感動する。 
身震いするような世界観・・・あなたも入り込んでみては・・・
2005
08
18

モマ

 
shizuren とグロウは、神くずれの里にいた。
 
「 ねぇねぇ! ズク・・・ 他に神くずれはいないの?」
 
《 コオーコオー・・・ まだ、いるぞい。 しかしの、めったに姿を見せんのじゃよ 》
 
「 おーいっ!! 神くずれさん いませんかー!!」
 
「 おいおいっ! 叫んだって出てこないってっ!」
 
地球儀の形をした まもの の グロウは、shizurenが呼ぶのを邪魔した。
 
「 なによ、グロウ・・・ 怖いの?」
 
「 こっ、怖くなんかないぞっ!!」
 
「 だって、出てきてくれないと、つまらないよ・・・」
 
《  しかたないぞな。。。 モマならいるかも?ぞな 》
 
そういって、ズクは、目を閉じて、心の中でモマを呼んだ。
 
すると、ものすごく大きな木から なにやら落ちてきた。
 
 
 
《 キャキャキャッ! ズクッ!あたいを呼んだ?》
 
「 出たっ! 新しい神くずれだよ。 かわいいっ♪」
 
「 だから、お前はなれなれしい口きいちゃ駄目っていってるだ・・・  」
 
「 ねぇ! ズク・・・ この子も神くずれだよねっ!」
 
《  こいつは、モマといって、時を操作する能力を持つ神くずれぞなっ
 
《 キャキャキャッ! めずらしいわねっ お客さんっ?》
 
《  koha の古城から来た魔法使いぞなっ
 
「 魔法使いでの名前は、ココって言います。よろしくねっ♪」
 
「 それで、こっちにいるのが、グロウ・・・・ んっ??」
 
shizuren が、グロウを見ると、口を開いたまま動かなくなっていた。
 
「 グロウ・・・? どうしちゃったの?」
 
《  コオーコオー・・・ モマの仕業ぞなっ
 
《 キャッキャッ! この まもの だけ時間を止めちゃったっ!》
 
「 ええっ! すごい事ができるんだねっ♪」
 
( オーロラのばあちゃんみたい・・・)
 
shizuren は、時を操る魔女のオーロラ・ウイステリアを思い出した。
 
《  モマの能力はすごいぞなっ、怒らせると怖いんじゃ・・ 》
 
《 キャッキャッ! 怖くないよ。仲良くしようね!ココちゃん♪》
 
「 うんっ! ねぇねぇ、 モマって、他にどんな事ができるの?」
 
《 キャキャキャッ! じゃあ、時間を戻してあげる!!》
 
 
 
「 ねぇねぇ! ズク・・・ 他に神くずれはいないの?」
 
《 コオーコオー・・・ まだ、いるぞい。 しかしの、めったに姿を見せんのじゃよ 》
 
「 おーいっ!! 神くずれさん いませんかー!!」
 
「 おいおいっ! 叫んだって出てこないってっ!」
 
 
 
 
《 キャッキャッ!! 最初に、戻っちゃったっ♪》
 
 
2005
08
15

だる~!

こう暑いと何もやるきおきないじぇ~(*゚Д゚)/ ダ( ノ゚Д゚)ヨd(´∀`*)ネ!!
2005
08
15

気ままに「赤目四十八滝」?


という事で、「赤目四十八滝」?!!
注意・・始めての人は?から読んでねっ・・・
 
 
昼から雨の予報が出ていたのもあって
どんどん歩いていくと・・・トイレがつくってあった・・・
 
森の中の無人トイレって怖すぎるっ!
鼻を突き抜けるアンモニアのにおいにも抵抗があり
結局、がまんした。 そもそも、そんなにしたくなかったけど・・・
 
そうこう言ってるうちに、百畳茶屋が見えてきた。
 
とりあえず、スタンプラリーのスタンプがあったから押そうと思ったら、
「千手滝」のスタンプ押すの忘れているのに気づいた。
 
「 が―――んっ!」
 
すっかり、アイスクリームを食べ損ねたショックで忘れちゃった。
まっ!いいか・・・ 帰りに押せるしねっ♪
 
とりあえず、さっきのおにぎり・・・
半分、魚さんたちにとられちゃったから
(別に、魚が盗んだ訳ではないのだけど・・・)
1本100円の おでんを注文した。
 
「スジ肉」 と 「ちくわ」 と 「たまご」・・・
 
そしたら、店のおじさんが、たまごをかき混ぜて
色が異常に茶色いたまごを底の方から見つけて皿にのせた。
 
「 ちょっと、その白いたまごでいいんだYO!」
 
だしがしみ込んでいるのを わざわざ選んでくれたのかなっ?
って思って、考えを変えた。
 
そこのお茶屋さんは、川のほとりに畳が敷いてあって
自然を満喫しながら気分よく食べれた。 気分爽快!
 
 
 
 
しかし、案の定、たまごが硬く、黄身が灰色になってパサパサ・・・
 
「 おいっ! おやじ! このたまごは昨日の残りもんだろ?」
 
と、思ったけど・・・ 大自然の力は偉大で、
そんな、ちっぽけな事どうでもいいじゃんみたいな気分になっている。
別に、死ぬ訳じゃないしねっ。 まぁ、いいか・・・
 
ふと見ると・・・ 「幻のラーメン 650円 」って書いてある!!!
 
どんなラーメンか気になってしょうがなかったけど、
お腹もいっぱいだし・・・ なによりも、このうさんくさいおやじ・・・
おいしいわけがないよねっ!! や~めたっ♪
 
「あ~あっ! 100円のたまごのせいで、650円損したねっ」
 
などと、おやじとの勝負に勝った気がして、気分がよくなった。
(結局は、パサパサの硬いたまご食べさせられた訳だが・・・)
 
 
駐車場でもらった地図を見ると、あと1.5km先に
最後の「岩窟滝」ってのがあるらしいけど、
また、同じ道をUターンする事を考えると3km・・・
 
悩んだ結果、800m先の「荷担滝」を最終地点にした。
だって、「荷担滝」にスタンプラリーの最後のスタンプがあるからねっ。
 
途中、「雨降滝」っていうのがあって、雫がポタポタ落ちてる滝があった。

 
 
「 ほほう・・ これも滝のひとつか・・・」
 
こんなの滝じゃないじゃん!って思ったけど・・・
なんとなく、神秘的な雰囲気でいい感じ♪
 
この滝が一番のお気に入りになったねっ。
 
とぼとぼ歩いている内に、最終地点の「荷担滝」が見えてきた。
 
「 やったーー^^♪」
 
もはや、下まで行って、滝のマイナスイオンを浴びる気力がない。
そうそうに、スタンプを押して、今来た道をひたすら戻るだけ・・・
 
しかし、案外にも帰り道は楽ちん♪
やっぱり下っているのがいいのか、どんどん進む。
 
さっきのおでんおやじの嫁さんが、声をかけてくれた。
 
「 また、紅葉の季節においで~ 」
 
たしかに、紅葉の時期は見物かもねっ♪
その時に来たら、「幻のラーメン」を食べるかもしれない。
 
 
途中、何度も川の水に足をつけて、自然を感じながら
ゆっくり、帰り道を歩いた。 とにかく、ここは気持ちがいい。
 
ひさしぶりに、充実した時を過ごした感じ・・・ 素敵♪
 
そうそう!! 帰りに「千手滝」の茶店で
アイスクリームを食べないとねっ。
 
コンビニで100円で売ってるようなアイスクリームを250円で買って、
「千手滝」のマイナスイオンを浴びながら・・・ゆっくり休憩した。
 
外人の女の子たちが、4、5人現れた。 
 
一瞬、妊婦かと思うほどのポッチャリしたお腹を
思いっきり出して歩いていくのには、文化の違いを感じたYO。
 
忘れるところだった!
 
スタンプラリーのスタンプ押さないとねっ♪
 
よおし!、これで、ゴールのスタンプ押せば完成だっ!
 
帰り道・・・ 行きには気づかなかったけど、
オオサンショウウオの置物から水が出ていた。
 

 
 
とりあえず、ここで手を洗って、しめくくりにしよう!
 
しかし、このサンショウウオがかわいいから、
写真を撮ろうとピントを合わせていたら・・・
後ろの人に、変な目で見られちゃったYO。
 
 
っで、ゴーーーールッ!!!
 
7kmは歩いたと思うけど・・・
不思議と、それほど疲れていなかったYO。
 
 
さっそく、ゴールのスタンプを押して、受付の人に持ってった。
 
「 このスタンプ全部押したんですけど・・・」
 
「 それじゃ、この応募ハガキに必要事項書いて・・・」
 
「 えっ! なにかもらえるんじゃないの?」
 
「 抽選で毎月30名にオリジナルTシャツが当たります。」
 
「 がっくり・・・ 」
 
まっいいか・・ 気分最高だしねっ♪
 
天気予報は昼から雨って言ってたのに、快晴じゃん!
朝の涼しいうちに行ってよかった。
 
 
駐車場に向かう途中、へこきまんじゅうのおばさんが
 
「 ここにしか売ってない へこきまんじゅうはいかが?」
 
 
朝一番で食べたYO。
 
 
 
とにかく気分がリフレッシュする冒険だったYO。
たまに、自然に触れてみるのもいいもんだねっ♪
 
 
2005
08
15

気ままに「赤目四十八滝」?


あまりにも、暑いから・・・
急に、「滝がみたいっ!」・・・ マイナスイオン浴びたい!
なんていう事を思ったせいで・・・ いきなり
 
「赤目四十八滝」へ、行って来ました~~。 どど~ん!!
 
この滝は、歳をとったら、絶対行くだろうなと思っていた場所
・・・だったけど、早々と行く事になっちゃったYO。
 
自動車に乗って2時間ちょっと!
盆休みだというのに、渋滞にも巻き込まれず・・・
(といっても、朝の6時に渋滞なんてないよねっ)
朝の8時には、到着していたYO。
 
一番入り口に近い駐車場へ! 駐車料金900円! 
300m手前だったら600円だったのに・・・
Uタ~ンするのも、めんどくさかったから、しぶしぶ・・・
 
駐車場のおじさんの顔が 300円得したようなものなのに、
ぶすっとしていて、愛想がない・・・ ちぇっ!
 
途中の店屋で、朝から何か焼いていた・・・
 
「 へこきまんじゅう 」 1個100円
 
見間違いかなっ?と思ったけれど、確かに書いてある。
ものは試しに食べてみると・・・  これが思ったよりおいしいのっ!
その味は 焼いも と全く同じ。 なるほどねっ それで、屁こきなんだっ。
焼きたてで、熱かったから、フーフーやりながら
焼いも食べてる気分になれて、ちょっと幸せ気分♪
 
 
 
 
赤目四十八滝にいくには、日本サンショウウオセンターを
通らないと行けない・・・ 入場料大人300円!
サンショウウオに興味のない人は何で?って思うかもねっ
 
でも、しずはオオサンショウウオが見たいから
なんのためらいもなく、いさぎよく、300円出したYO。
 
考えてみれば、駐車料金の余分の300円で入場できた・・・
あの駐車場のおじさんが うっしっしって笑ってるのが浮かんだ。
 
「 くちょ! あの、へっこきじじいめ~~!」
 
もちろん、おじさんは悪い事など何ひとつしてないのにねっ。
まさか、へっこきじじい呼ばわりされるとは夢にも思わないよねっ・・・
 
 
オオサンショウウオがいた。 
 
50cmぐらいか・・・ もっと大きいのが見たかったYO。
150cmぐらいのやつ・・・ ちょっぴり残念だけど、おもしろかったYO
なんてったって、特別天然記念物だからねっ。
 
っていうか、見たくもないのに、ウーパールーパーばっかりいる。
もう随分前に、ブームは終ってるのに・・・
 
とりあえず、スタンプラリーの紙をもらったから、
?番の日本サンショウウオセンターのスタンプを押す。
 
 
 
さあっ! 滝めぐりに出発だーーーっ!
 
朝方、ちょっぴり雨が降っていたせいか・・・
森の空気がとても、おいしいというか、気持ちがいい♪
少し、寒いぐらいの感覚が、これまた肌に心地よい・・・
 
まず、目に止まったのが 「不動滝」 高さ15mだって・・・
つり橋を渡りながら滝を見るのもいいねっ♪
 
ってか、 この滝よりも前に、2つも滝があったらしい・・・
歩いて10分も経ってないと思うのに・・・ 見過ごした?
 
まっ いいか・・・ 別に四十八まで数えるつもりもないし・・・
 
気持ちがいいし、景色もいいから、どんどん足が進む!
 
「 あっ!茶店があるっ!」
 
「千手滝」の前に作られた茶店だったけど、まだ準備中だった。
アイスクリームの文字が脳から離れなかったけど、
帰りには、絶対食べると言い聞かせて、先に進んだ。
 
途中で、何回も休憩をしながら、景色を堪能したYO。
 

 
 
しずは、自然が大好きだからねっ♪
すぐ、虫とか探しちゃうんだYO。
 
案の定 いたよいたよ・・・
風の谷のナウシカに出てくるような、
足が棒みたいになっているのが何本もあって、
その足をウェィブみたいにして動いてる節足動物・・・
 
「 ゾワッ・・・」
 
気持ち悪くて、身震いしたYO。
身震いするぐらいなら、最初から探すなって事だよねっ。
わかってるんだけど、 なぜかしら?・・・
すぐ メガネザルのごとく昆虫を見つけてしまうんだYO。
 
 
しばらく行くと・・・
緑のコケがついた岩がごろごろした場所に出た。
 

 
 
しずは、コケが大好きなんだYO。
やっぱり、日本の風景には、コケがないとねっ。
 
「 う~ん。コケは落ち着くなぁ・・・」
 
座って休憩していたら、カエルがいた。
 
歩き回ってみると、土色した3cmぐらいのカエルが
いっぱい飛び跳ねた。 とりあえず、1匹捕まえたけど・・・
カエルの肌の感触がしっとりしてたから・・・
もしかしたら、毒でも持ってるのかな? なんて思ったら、
居ても立ってもいられなくなって、
川の水で手をゴシゴシ洗っちゃったYO。
(毒なんか、持ってるわけないのに・・・)
 
ところどころに、とても急な階段を登ったり降りたりしたけど、
案外、疲れていなかった。 信じられない!
いつもなら、運動不足のせいで、とっくの昔にバテテいるはずなのに
 
恐るべし! マイナスイオンパワー!!!
緑の木々が放つ森の生命根源の力!!!
 
でも、お腹すいちゃったから、お弁当たべちゃお!
 
川の中の大きな岩の上で腰をおろして、
高速のサービスエリアで買った おにぎりを食べた。
( なんだ、コンビニのおにぎりかよ! ・・・気にしない!)
 
下の川を見たら、ムチャクチャ魚がいるじゃないっ!!
 

 
 
15cmぐらいの灰色の魚がいっぱいいる。 それも水面近くに・・・
しずは、おにぎりをちょこっとだけ取って、魚の方に投げた。
そしたら、魚たちが狂ったように、ご飯粒の争奪戦を始めた。
 
「 すごいっ!!」
 
ご飯粒を投げると、みんな一斉に目にも止まらぬ速さで集まってくる。
お腹がすいてるみたい・・・・ みんな殺気だってるYO。
 
「 おにぎりをまるまる1個川に投げたらどうなるだろう??」
 
ものすごく、見たい光景だけど、しずもお腹が減っている!
どっちを取るか迷ったけど・・・ 半分づつにした。
 
とりあえず、しずがおにぎりを半分、ゆっくり味わって食べて・・・
あと、半分を 海苔を広げて 川に投げた。
 
すると、川の中は、戦争のごとく、ご飯粒の奪い合いになった。
結局15秒ぐらいで、おにぎりは姿を消した。 海苔までも・・・
 
恐るべし! マイナスイオンパワー???
緑の木々が放つ森の生命根源の力???
 
野生の魚たちの どう猛さを見せつけられた感じがした。
気が付くと、いつのまにか500匹ぐらいの魚が、
川の水面一面にいて、こっちを見てるみたい・・・・
 
今、間違って、足を滑らして川に落ちたら、
あっという間に白骨になりそうな気がして、
怖くて、その場を去った。
 
「 あ~怖かった! けど、いいもの見ちゃったYO!」
 
 
 
?へ、つづく・・・

 
2005
08
14

和風でしょ。


 
 
しずの部屋の天窓からぶらさげてある飾り。
いなかの雰囲気がしていい感じなんだYO・・・
 
このキノコの飾りは、
店のディスプレーで七輪の上に飾ってあったんだけど、
よく見たら、350円の値札が・・・
速攻で、買っちゃったYO。
 
プラスティックでできてるんだけど、
できがいいのっ! 本物っぽいでしょ♪
 
けっこう、お気に入りなの・・・
 
2005
08
14

タイトルなし

きゃあ! どうしてイメージがないの・・・・ ショック!
しずの宝物のひとつ・・・ 奈知美佐子の短編集なんだけど・・・
絵がむちゃくちゃかわいいし、物語りも最高っ♪
なにかと、影響を受けた1冊・・・  絶対おすすめYO
2005
08
12

象だぞう~

今日は疲れた  ぞ~~でも まだやる   ぞ~~
2005
08
10

召喚魔獣 「カア」

 
 
リビア の 3匹の召喚魔獣のうちの1匹。
火の魔法専門の魔獣 「カア」
 
 
 
 
知ってる人は知っている・・・
伝説の召喚士 リビア・O・ブロンド の召喚魔獣。
 
その中でも、ずば抜けて おっちょこちいなのが
この火の鳥の 「 カア 」 なの。
 
いつでも、必要ない時に勝手に現れて、問題を起こすんだよ。
 
怒ると頭に トサカが生えて、ものすごい火の魔法を使うんだけど
その姿は、まるで  にわとり なんだよ・・・・
 
 
弱点は、特にないけど・・・・
あえて言うなら、記憶力がないって事?
だから。怖いもの知らず・・
 
そこが、他の召喚魔獣の「ヒョウ」と「ライ」と違うところ。
 
リビアも頼りにしてるかもねっ。
 
 
 
そうそう! 朝日が大好きな事も追記しておくねっ!
戦いの最中でも、朝日を見ると じ~っと太陽を見てしまう。
お母さんを思い出してるのかなぁ・・・
さすがに、コケコッコーては鳴かないけどねっ
 
 
2005
08
09

クポッ?

これ、な~んだっ? 「クポッポーーーッ!!」
2005
08
06

暑中お見舞いもかねて

しずが、私のところでお絵かきしてくれるので、お返しだよ♪最初、シルエットで描こうと思ってたんだけど、スイカかいたら、こんなんなっちゃった(笑夏にヒョウがそばにいてくれたら、涼しいだろうね(≧∀≦)b
2005
08
06

神秘の薬

 
マリアナの放った 「悪魔の爪の翼」の魔法で、
敵のほとんどは、倒れてしまった。
 
しかし、その中で、かすかに動いている影が見える。
 
koha を守る3人が倒れている今、
攻撃されたら、ひとたまりもない・・・ 絶体絶命の大ピンチ!
 
 
 
その時、急に倒れていたはずのアルプスの体が宙に浮いた!
何が起こったのか・・・??
 
その者は、いきなり姿を現した。
 
神秘の薬の調合士の 「ウラル・ディム 」 だ。
 
ウラルは、姿を消す薬を飲んで、戦いの場に来ていた。
 
 
 
 
ウラルもまた、koha の古城を守る一人・・・
いつもは、影で密かに活躍している人物だった。
 
ウラルは、自分が調合した 神秘の薬 をアルプス達3人に飲ませた。
 
 
「  さあ、3人とも・・・ これで大丈夫よ。」
 
「 この城を守るには、あなた達に頼むしかないから・・・」
 
 
ウラルは、一人づつ顔を触りながら つぶやいた。
 
 
 
マリアナ・・・ アルプス・・・ そして、サハラが目を覚ました。
 
 
 
神秘の薬の威力・・・
 
あれほど、傷だらけだった3人が、復活した。
 
 
 
 
ウラル・ディムについて詳しく知りたい方は
左のカテゴリの 「伝説の隠しキャラ」 を見てねっ!
フォトの 「伝説キャラ」 にも、記事があるけどねっ・・・

 

こんなんでc(´ω`。)ォヶかな?

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム