FC2ブログ
2006
04
30

懐かしい匂い。

 
土煙がはれると・・・
そこには、大きな岩が無数にあるだけだった。
 
シズレンは、岩の下敷きになってしまった。
 
 
ガイラは、岩の方を見て言った。
 
「 こりゃ! いいかげんに目覚めるのじゃ・・・」
 
「 こんな攻撃でやられるようじゃ、妖魔将軍なぞ倒せんぞ。」
 
 
 
ガイラがいくら言っても・・・
岩はピクリとも動かない。
 
 
「 シズレンよ・・・アルチレが悲しむぞ・・・」
 
 
 
 
ガラガラガラ・・・・
 
岩が、急に崩れだし・・・
中から、シズレンが出てきた。
 
 
 
 
シズレンは、とっさに翼を広げて、身を守っていたのだった。
 
 
 
「 お前は・・・・ 誰だ・・・・」
 
 
シズレンは、懐かしい アルチレの匂いに似た
この妖魔にとまどっていた。
 
 
 
「 ほほう・・・ やっと出てきたのぉ・・・」
 
「 わしか?? わしは、御主を倒すよう妖魔将軍に使わされた者じゃよ。」
 
 
 
「 お前から・・・ 私のよく知っている匂いがするのは何故だ・・・」
 
 
「 ほお・・・ もしかしてアルチレとかいう妖魔の匂いかのぉ・・」
 
 
「 お前、アルチレを知っているのか!!」
 
 
「 知ってるもなにも・・・ 先ほど、奴を殺してきたところじゃよ。」
 
 
「 !!! 」

 
 
シズレンの体から、異常なほどの殺気がふくれあがっていく・・・
 
 
 
「 ほほぉ!! うわさには聞いていたが・・・」
 
「 ここまでの闘気を放つとは、なかなか やりおるわい。」
 
 
 
シズレンは、ガイラに飛びかかろうとした。
 
が・・・ シズレンの足は、土に捕まっていた!!!
 
 
「 ??? 」
 
 
 
「 いかんのぉ・・・ 目の前のものしか 見れないようじゃな 」
 
「 その土は、ちょっとやそっとじゃ放す事はできんぞよ。」
 
 
 
ガイラは、シズレンに近づいた。
 
 
「 どれ、ひとつ・・・ かわいがってやろうかのぉ・・・」
 
 
 
 
スポンサーサイト



2006
04
29

お絵描き リス♪ 2

                       ニヤッ・・・  ♪♪
2006
04
29

無人島の天使。

しずわーるに行こうとして、途中の無人島についちゃった天使でしっ!(プッこの無人島には。。。。 どんな生き物がいるのかなっ?とりあえず。。。。 今日は海に潜って、お魚をいっぱい食べちゃおうっ!!*持ってるのは、シズレンのしっぽじゃないよっ!(プッ!!
2006
04
29

ありがとうございました♪

すんごくカッコいいイラストをありがとうございました。わたしも、足跡残していきますね。しずちゃんみたいに、なにかカッコいいエピソードをつけたいと思ったけど、だめでしたー(笑)
2006
04
28

お絵かき リス♪

                     ちゃめっけYO♪♪ ぷっ♪
2006
04
28

アレレ?

キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロアレレ?ここはどこだろう?( ̄∀ ̄*)イヒッ なんか 楽しそうなところに来ちゃったみたいだな~
2006
04
26

土の妖魔。

 
深い森の中・・・
白龍の滝に続く 静まり返った一本道・・・
 
その地面の下で・・・・
 
 
「 やれやれ・・・忠告をしたのに。。。
 ここらへんの地面は
崩れやすいから、気を付けなされってな。」
 
 
毛むくじゃらで みみずのようなしっぽを持った奴が呟いた。
 
 
彼こそ・・・
第3の妖魔 土の 「モグ・ガイラ」
 
 
ガイラは、アルチレの親友で、
妖魔将軍に仕える妖魔の精鋭のひとりであった。
 
妖魔の中では、唯一 シズレンの秘密を
アルチレから聞いている人物であった。
 
 
 
 
 
 
ガイラは、アルチレの姿に変身して
静原 恋に近づいたのだった。
 
そして、アルチレから聞いていた思い出の気を
シズレンに送ったのだった。
 
 
 
ここは、土の中・・・
妖魔将軍も、アルチレの魂の一部を持った猫もいない。
ガイラのもっとも得意とする空間であった。
 
 
 
「 シズレンよ・・・ このままでは、お前は妖魔将軍には勝てない。」
 
「 悪いが、お前の眠っている力を引き出させてもらうぞ・・・」
 
 
目の前には・・・
 
気を失って、横たわっている シズレンの姿があった。
 
 
ガイラは、目を閉じて呪文を唱えた。
 
 
どどどどど・・・・・
 
 
無数の大きな岩のような土の塊が土砂崩れのように、
シズレンの体に向かって飛んでいった。
 
 
どどどどど・・・・・
 
 
ものすごい 土煙があたりをおおい隠した。
 
 
 

2006
04
26

謎の黒い影。

最近、雲の上のあるところで・・・・異変が起こっている!色を無くした生き物たちが次々と現れているらしい・・・一体・・・・ なにが起こっているのか???不気味な予感がする・・・
2006
04
23

空飛ぶ 鯉のぼり♪

ああああ~~~っ!!鯉のぼりが、空飛んでる~~~~。昔の空には、きっと・・・もっといっぱい 鯉のぼりの群れが空を飛んでいたんだろうね。鯉のぼりが繁殖するには、綺麗で澄んだ空気が必要だから、数が減ってしまったんだYO。この世界のどこかに、鯉のぼりたちが、満足して住める場所があるといいね♪
2006
04
23

しずれん♪


しずれん♪
 
 
ほうんとうに まれにあるんだけど・・・
 
意識がもうろうとしている時・・・
というか・・・ 意識が半分ぐらい働いてないとき・・・
 
静原 恋 と シズレン は、お互いに半分づつ現れる。
 
 
 
この時も・・・
そう、精神的に疲れていた時に、温泉につかっていて、
あまりの気持ちよさに、二人とも何も考えていない状態だった。
 
 
静原 恋 と シズレン が同時に実態化している状態になる。
 
まさしく、融合である。
 
お互い意識が半分ぐらいしかないから
いわゆる 半分人間で半分妖魔ってことになるんだけど・・・
 
この姿の時を  しずれん♪ (ひら仮名)と呼ぶとして、
 
この しずれん♪が、もし戦う事になったら・・・
 
意識があまりない状態だから、
メチャッメチャ やっちゃうかも・・・・ どうだろ?
 
 
妖魔人というわけね♪ 
 
 
2006
04
23

まっこうんクジラ♪

変てこ生き物 発見====っ!!    まっこうんクジラ   である。雲の上を掃除している とっても感心する生き物である。拾ったゴミは、頭の上に乗せて運んでいる・・・だから・・・ たまに こんなのも頭に乗せているどこに運ぶかって??それは もちろん! 風の終わる街 「ウインドエンド」だYO。
2006
04
23

ぎゃははっ!!!

これも、クオルゴールに住んでる生き物か???まっ、こんなのが いてもいいだろう。。。  ぶ!!!
2006
04
22

タイトルなし

2006
04
22

ひととき・・・

 

【 妖魔 シズレン 番外編 ? 】
 
 
森の奥の奥・・・・
 
あてのない 一人旅の途中で、偶然見つけた
まっ白な湯気がたちこめる温泉につかって
疲れた心と体を癒す 静原 恋。

あれれ?? 静原 恋は 気付いてないけど
 
妖魔の シズレンも・・・
 
この温泉は気持ちいいのかな??
 
 
 
ふたりとも、心の疲れを癒しているんだね。
 
 
きっと、静原 恋も シズレンも
天国にのぼったように 気持ちがいいから・・・
 
静原 恋の体に、うっすら模様が入っていたり・・・
シズレンの羽のような翼が少し実態化してるのに
お互いに、封じ込めようと思わなかったんだね。

こんな幸せな時があっても いいよね♪♪
 
 
 

2006
04
22

イヤン(*ノ∇)ゝ

く・く・苦しい・・・
2006
04
22

姿を消した 静原 恋。

 
静原 恋は、張り裂けそうな胸の痛みに
意識がなくなりかけた・・・
 
 
それもそのはず・・・
実は、男は 静原 恋の心に気を送ったのであった。
 
それも、シズレンのあこがれのアルチレの思い出の気を・・・
 
 
静原 恋の心の中で、ぐっすり寝ていたシズレンが
この気に、目が覚めたというわけである。
 
 
シズレンは、静原 恋の脳に残る
先ほどの男の残像をのぞいてみると・・・
 
それは、まさしくアルチレの姿であった。
 
シズレンが、取り乱すのも無理はない。
 
だって・・・ ずっとシズレンは アルチレに会いたかったのだから。
 
 
 
 
 
静原 恋は、気力をふりしぼって・・・
なんとか シズレンを封じ込める事ができたが、
まだ、頭は もうろうとしていた。
 
そんな気分の時は、シズレンの記憶が
静原 恋にもわかる事に気がついた。
 
 
 
(  んん? さっきの男は、私の心の中にいる悪魔が
思いを寄せていたアルチレという男だったのかな?)
 
 
静原 恋の脳は、しばらく この悪魔の記憶を映し出していた。
 
それを 静原 恋は 意識がぼーっとしながら見ていた・・・
 
 
自分の中にいる悪魔が ・・・
シズレンという名前の女の子である事や
アルチレという男を好いている事や
その男が シズレンを守るために私の体に封印した
・・・という事が わかった。
 
 
そして、自分に体にいる悪魔シズレンが
そんなに悪い奴に思えなくなった。
 
 
 
今まで、拒絶していた悪魔を、少しだけ受け入れようと
思った時、なぜか 心が軽くなったような気分になった。
 
 
 
静原 恋は、なんとかして・・・
さっきの男を シズレンに会わせてあげたくなった。
 
 
 
そして、先ほどの男を捜そうと 振り返り歩き出したとき・・・
 
 
ざざざざーーーーーっ!!
 
 
 
 
 
急に、足元の地面から土が爆発したように飛びかかってきて・・・

あっというまに 静原 恋を包みこんでしまった。
 
 
 
 
 
いつしか、土は元に戻り・・・
 
まるで なにもなかったかのように ただの一本道になっていた。
 
 
そして そこには、静原 恋の姿は なかった・・・・

 

 

 

 

2006
04
21

おおおっ!!

  「 まけないぞ~~~っ!!」 おやおや・・・ どうしたのかなぁ??? 泣いてるのかな? でも、負けちゃダメっ!!  よく考えてみて・・・・  ほらねっ、ちっぽけなことだったでしょ?♪  ぷっ♪
2006
04
19

雲じごく??(プッ

地上で言うなら、蟻地獄みたいな生き物が雲の上にもいたっ!ひさしぶりにクオルゴールの絵を描いちゃったっ!(プッひいお師匠さまは、元気でやってるのかな~~??ちるあらんど。に行ってみよっ!(ププッ♪
2006
04
18

謎の山男?

 
 
数週間がたったある日・・・
 
静原 恋は、病院を退院していた。
 
 
最近、嫌な事ばかり続いていたので
気分転換に久しぶりの一人旅。
 
昨日は、人里離れた森の奥に湧き出ている
肌がきれいになると言われる露天風呂につかって
心身ともに リフレッシュした。
 
今日は、さらに山道をのぼっていき、
神秘の 「 白龍の滝 」 と呼ばれる滝を見に
一人、誰もいない山道を歩いていた。
 
 
 
そんな時・・・
前から、一人の男の人が歩いてきた・・・
 
 
「 はてな? さっきまでは、誰もいなかった一本道なのに・・・」
 
静原 恋は、不思議に思ったが、その風貌に
土地の人なんだと思い声をかけてみた。
 
 
「 こんには♪ 今日はいいお天気ですね・・・ 」
 
 
男の人は、うつむいたまま返事をした。
 
 
 
 
 
 
 
「 そうじゃの。 でも、お嬢さん。 ここらへんの地面は
崩れやすいから、気を付けなされ。」

そう言うと・・・ 
男は、静原 恋の前で石につまづいて よろけた。 
 
 
「 だっ 大丈夫ですかぁ??」
 
 
静原 恋は、その男に駆け寄り
肩を抱き上げた・・・
 
その瞬間・・・ 男は、静原 恋の左の胸を触った。
 
 
 
「 きゃっ! なっ・・ 何するんですかっ!!」
 
 

「 おおお・・・ すまなんだ・・・ 手が勝手に・・・ 」
 
 
静原 恋は、しばらく その男を見ていたが・・・
ちょっと、ぼけたおじいさんみたいな無邪気な
顔をするので 悪い人じゃないと判断した。
 
 
「 もおぉ~ 気をつけてくださいYO♪」
 
 
「 ほんに すまなんだ・・・ ゆるしておくれ・・・」
 
 
男は、何度も 謝りながら 山を降りていった。
 
口元にうっすらと笑みを浮かべながら・・・。
 
 
 
静原 恋は、また転ばないかと心配して
しばらく、男の背中を見ていた・・・  その時!!
 
 
「 くぅ~~~ッ!!」
 
 
 急に、心臓に 燃えるような痛みが走り・・・・
 
静原 恋は、胸を抑えながら 苦しみだした!!

 

 

 

 

2006
04
18

小枝の精獣♪

「 あっ!! こんなところにも、へんてこな生き物がいた~~♪」どうやら、カップルのようだね。しずわーるの北東にある・・・ 『 精霊が宿る森 』 には、いろんな変った生き物がいるんだね~~♪それにしても、みんな楽しそう。 こんな世界に住みたいね♪  ぷっ!
2006
04
17

モケラノコ♪ 

      雲の上。。。      不思議な生き物。。。         夢の中。。。??         ううん。。。 きっといる。。。           素敵な事が待っている。。。           あきらめなければ。。。             だから。。。             もう見失わない。。。。。。。。。
2006
04
16

葉っぱの精獣♪

ついに 見つけた~~~!!!森の草むらの住んでいるって事は知ってたけど・・・やっと見る事ができたっ♪この精獣は、緑が綺麗なところにしか住んでないから見つけるのに苦労したYO~~。特に、雨の降っている日に姿を見せるらしいよ。森の中で、緑が濃いところがあったら・・・ きっとこの精獣がいる。探してみてっ!! 信じる者にしか、見えないという・・・   ぷっ♪
2006
04
16

タマネギコツル

 
 
覚えているかなっ??  
 
しずわーるには、DECHI の森♪という・・・
ちょっと変った不思議な生き物が生息する森がある。
 
 
 
森の奥で、それを見た!!
 
たまねぎみたいな植物の実のようなものが
森の木の枝に ついていたので
 
「 あれは・・・ 何だろう??」
 
っと、思っていたら・・・
 
いきなり、羽が生えて飛び始めた!!!
 
 
 
 
 
「 おおおおっっっ!!」
 
よく見ると・・・ 鳥のようだ・・・
 
タマネギみたいで・・・
ちっちゃくて・・・
      ツルみたい・・・ だから、
 
「 タマネギコツル 」
 
 
またまた、「DECHI の森」に 
新しい仲間ができたねっ♪
 
 
タマネギコツル は、うれしそうに何回も
顔を出したり、引っ込めたりして
森の木の枝を行ったり来たり・・・・
 
 
あっ!頭の上に耳のようなものがついてるね。
 
じ~~とっ見ていたら 目から涙が・・・・!!
 
なるほど・・・  たまねぎだからね♪  ぷっ!
 
 
 
 
 
2006
04
14

大きな風船???

ソラちゃんは、手に持った槍の先を雲マンモスに向けて魔法をかけた!! 「 ちんぷん♪ かんぷ~~~ん♪ 」すると、雲マンモスのからだは みるみるうちに ふくらんで・・・風船みたいにまんまるになって、浮かんでしまった。
2006
04
13

♪~( ̄ε ̄;)

キョロ^(・д・。)(。・д・)^キョロ(ΦωΦ)ふふふ・・・・ξ(゜y゜;)くっさ~ε=ε=ε=ε=ヾ(;◎_◎)ノヤバヤバ
2006
04
13

ソラちゃん♪ 変身。

雲だるまんを、ふみつぶされた ソラちゃんは・・・怒って、原始人に変身した。   「 雲マンモスをやっつけるぞ~~~っ!!」
2006
04
12

踊る 六面鳥♪

七面鳥っていうのは、聞いた事あるけど・・・・この鳥は六面鳥っていうんだって♪今日も、必死に、ズッコケル練習だっ!!  ぷっ♪
2006
04
11

アールイーエヌ♪

誰もしらない森の奥に。。。。。「すずの秘密研究所」がある。そこで、すずの博士は、長年の夢だった サイボーグを完成させた。女型サイボーグは、静原 恋という女性をモデルにつくられた。感情を持つようにと、生まれつき体が弱くて死んじゃいそうな子猫の脳を移植して作られた。だから、服を着せても。。。 すぐに破いて脱いじゃう。(プッ♪目を離すと すぐ裸でどこかに行ってしまう為、すずの博士は困っている。。。。  このサイボーグの名前は、「 アールイーエヌ 」 という。。。。  ププッ♪
2006
04
11

綺麗な・・・

桜はみれましたか?絵なのですがまるからさくねこのプレゼントです^^
2006
04
10

フリーゼの残した奇跡。

 
静まり返った病院の中で・・・
 
最初に目を覚ましたのは 原 みつるだった。
 
 
「 いたたた・・・・ 」
 
原 みつるは、頭を押さえながら立ち上がって
静原 恋を 探した・・・
 
ベットはもぬけのから・・・ いったいどうなったのだろう??
 
ふと、窓の外を見た。
 
 
そこには、裸で横たわる 静原 恋の姿があった。
 
急いで外に出て、近づいてみると・・・
 
静原 恋は、とても やすらいだ顔をして寝ていた。
 
 
「 いい顔しちゃって・・・ いい夢でも見てるのか~~?」
 
 
 
 
 
シズレンの うれし涙は、治癒の涙・・・
シズレンは、小さな頃から、うれし涙を流したときは、
どんな傷でも とたんに回復したという・・・
 
 
凍りかけていた上半身も、あっという間に完治した。
 
 
そして、ほっとしたのか・・・
シズレンは、眠ってしまったらしい。
 
それほど、アルチレの声が うれしかったのだろう。
 
 
 
 
 
「 もう! しずったら・・・ 起きなってば!」
 
「 こんな姿で寝てたら、風邪ひくじぇ~~♪」
 
 
原 みつるは、静原 恋を背中に乗せて、
病室のベットまで運んだ。
 
 
 
「 さっ、さむ~~~いっ!!」
 
全身が凍りついていた 白倉 紗乃が目を覚ました。
 
気がつくと、ベットは水びたしになっていたが
白倉 紗乃は、なんともなかったように・・・
ただただ、驚いていた。
 
「 えっ! どうしたんだろ?? 水びたし・・・ 」
 
 
看護婦のしっぽで、凍らされた事も、なにもかも・・・
あの一瞬の記憶は 消されていた。
 
 
 
 
 
 
静原 恋が、目を覚ました・・・
 
 
 
「 きゃっきゃっ♪ どうして、しずちゃん裸になってるの?(プッ!」
 
白倉 紗乃は、元気に駆け寄った。
 
 
「 しずは、変態だじぇ~~。 すぐ脱いじゃうくせがあるんだよ。」
 
原 みつるも、笑いながらそう言った。
 
 
原 みつるも、先ほどの出来事の記憶が無くなっていった・・・
 
 
 
もしかしたら、アルチレが記憶を消したのかも しれないね。
 
 
 
やがて、フリーゼの記憶は 3人から消えていった。
 
そして、何もなかったように、元の時間に戻った。
 
 
 
 
 
ただ、ひとつ・・・
 
 
白倉 紗乃の体を むしばんでいた病気が
 
凍りついた時に、消滅したのか・・・
 
もう治らないと言われていた 白倉 紗乃が
すっかり、元気になっていた。

 

 

 

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム