FC2ブログ
2006
06
30

ルガル~~♪

 
 
この ルガルーの親子は ・・・
 
どうやら、チロロニア草原に迷い込んでしまったみたい。
 
周りいる、変わった生き物たちに
とまどっているYO♪
 
 
 
「 ねぇねぇ・・・ お母さん。 ここはどこなの??」
 
「 なんか、とんでもないところに来ちゃったみたいよ・・・」
 
 
「 お父さんって、ほんとに ここにいるのかなぁ?」
 
「 いると思うけど・・・ 宝の地図を見せてもらった事があるから・・・」
 
 
 
そうなの。 この ルガルー親子は、
一人で探検に出かけたお父さんを探しにきて
チロロニア草原に来たらしい。
 
 
 
お父さんルガルー  見るがる~と い・・・
 
 
見つかるといいねっ♪
 
 
チロロのいたずら文化に、染まってなければいいけど・・・

 

 

 

スポンサーサイト



2006
06
29

意識の中の戦い!

 
 
第2の覚醒を終えた 妖魔 シズレン!!
 
 
しかしっ!!
 
シズレンでもなく、静原 恋でもない・・・
どちらの意識でもない 恐ろしいものが、
妖魔 シズレンの体を奪おうとしていた。
 
 
シズレンは・・・ 未知なるものに支配されようとしていた。

 
必死で、意識を取り戻そうとする シズレンであったが、
このままでは、完全に悪魔に意識を乗っ取られそうだ。
 
 
そうである・・・
妖魔の覚醒とは、自分との戦いでもあるのだ。
意識がなくなれば、悪魔の化身と化してしまう!!
 
それに、打ち勝った時、
真の妖魔になる事ができるのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
心の奥底に眠る シズレンの 師匠 アルチレとの記憶と
人間である 静原 恋 の強い魂が・・・
 
そうは、させまいと、
 
第2の覚醒をした シズレンの意識の中で
必死で戦っていた!!!
 
 
 
どうなるっ?? シズレン!!!
 
 
 
 
 
一方、土の妖魔ガイラは・・・
 
究極の技を出すための闘気が
凝縮されて、体中に集まった!!
 
 
 

2006
06
27

アラマウサギ♪

 
 
あらまっ!!
 
胸からお腹にかけて・・・
へんな模様が入っている古代ウサギを見つけちゃった。
 
どう見ても・・・ これは、チロロの悪戯の女神
チロロ・ロレン♪の仕業だよね。
 
 
きっと、寝てる時に・・・
悪戯されちゃったのね♪  ぷっ♪
 
 
 
 
でも、このウサギの アラマちゃん♪
そんな事は、おかまいなしっ!!
 
むしろ、模様が入って嬉しがっちゃてるみたい・・・
 
 
メスだと、いいけどね。
 
 

2006
06
26

モロモロ♪

 
 
チロロニア草原で、
またしても、かわいい生き物発見っ!!
 
モロモロ っていうらしい・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
この モロちゃん♪
 
ぜんぜん、人見知りしないんだYO♪
 
 
チロロニア草原で群れを作って、かたまっているから
てっきり、植物が生えているのかなぁって思ったけど・・・
 
よく見たら、へんてこ動物だった。
 
 
なんとも、いたずら好きって顔してるけどねっ♪
 
 
 
2006
06
25

チロロ・ロレン♪

 
 
古代 チロロ文明に 君臨していたと言われる
 
いたずらの女神  「 チロロ・ロレン 」
 
 
実は、あの悪魔の化身 ツタン・カーニャンも・・・
この、チロロ・ロレンの遊び心で創った生き物という説もある。
 
 
 
 
 
 
なんといっても、このチロロ文明の最強権力者である。
 
文献の 「チロロの36の謎」 のほとんどは、
この、チロロ・ロレンの悪戯から 生まれたものであるという。
 
 
この絵は、いろんな場所に残るチロロ・ロレンの壁画を元に
想像したものであるが・・・
 
壁画のほとんどが、このようなお面をかぶっているので
どんな素顔だったのか、わかっていないが、
天下一の美女だったという事である。
 
 
 
チロロの壁画に残されている生き物や
チロロニア草原に今も残る生き物達は
 
この、チロロ・ロレンの悪戯によって姿を変えたのかもしれない。
 
 
チロロ文明の創始者であり・・・
謎に包まれた チロロ・ロレン。
 
 
 
 
もしかしたら・・・
 
不思議な世界 「しずわーる」 に住む、へんてこ生き物たちは
この チロロ・ロレン の 影響を受けてるかもしれないね♪
 
 
 

2006
06
25

チンタラボッチ

 
 
古代チロロの国は、火山の国であった事は明らかになった。
 
ひとつ・・・ 気になる壁画を見つけた。
 
 
このヌボーとした生き物の絵である。
 
チロロ遺跡のいたる所に描かれているこの生き物。
 
どうやら・・・ 巨ぢん らしい。
 
 
 
 
 
 
 
この 巨ぢん は、古代の文献 「チロロの36の謎」 にも出てくる。
 
文献の誤字だろうか??
巨じんの間違いかもしれないけど・・・
 
 
巨ぢん は、チロロ人から チンタラボッチ と呼ばれていて
山の神として、崇拝されていた。
体長は大きいので、60mぐらいあるそうだ。
 
 
いつもは、火山の火口の中に住んでいて・・・
噴火する直前に、火山から出てきて避難するらしい。
 
だから、チロロ人は、チンタラボッチ が現れると
まもなく 噴火が始まる事を知っていた。
 
 
うわさ話で聞いた事があるけど・・・
 
巨ぢんのチンタラボッチに、若い女性の生贄をささげると
噴火がおさまるという風習があったようね。
 
 

 

 

2006
06
24

夢見る犬少女♪

 
 
雲の上の国 「クオルゴール」
 
この国のはずれにある、風の終わる街 ウインドエンド
 
そこに、スターダストを集めている犬少女がいた。
 
犬少女の名前は、「 ラブラ♪
 
 
 
 
ラブラ♪は、ウインドエンドの住人なので、
ボロ布の服をまとっているけど、
心は、とても綺麗な少女。
 
 
人間になりたくて・・・
星のかけら(スターダスト)を集めている。
 
 
星のかけらを10個集めると、
願いがひとつ叶うという。
 
人間の姿になって、クオルゴール神殿に住むのを
夢見ている。
 
 
 
がんばれ、ラブラ♪・・・
いつか、きっと願いが叶う時がくるYO♪
 

 
2006
06
23

時の神♪

 
という訳で・・・・
 
チロロ文明にいた リトル族の 時の神
 
 
天照(アマテラス)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天照は、時空の針を自在に操り・・・
時間の移動ができる。
 
 
遠い昔・・・
親友であった 卑弥呼呂と喧嘩をした時、
 
卑弥呼呂の時間を進めてしまい、
おじいさんの姿にしてしまった。
 
もともと、時を操る力は相当のものであったが、
ツタン・カーニャンの呪いをかすかにうけてしまっていた為、
 
リトル族の国をそのまま時空移動させた時から、
徐々に、その力は失われてしまった。
 
 
今は、天岩戸に隠れて修行しているという。

 

 

 

2006
06
23

リトル族の長老。

 
 
古代文明の生き残り・・・
チロロニアに住むリトル族。
 
そこにも、ツタン・カーニャンの魔の手は及んでいた。
 
 
 
 
 
リトル族の長老・・・卑弥呼呂(ヒミコロ)
は、ツタン・カーニャンの呪いを封じる力を持っていた。
 
卑弥呼呂は、時の神 とともに・・・
リトル族の国一帯を、未来の世界へ移動させていた。
 
それが、今に残るチロロニアである。
 
 
 
そんな訳で、チロロニアは、
ツタン・カーニャンに滅ぼされたチロロ文明の
まだ穏やかでのんきな時代、そのままの姿で
存在しているのである。
 
 

2006
06
21

ファイナル・バイルス!

 
復活の時・・・
 
 
静原 恋は・・・・ 最後の力を振り絞って
体を蝕んでるウイルスのラスボスと戦っている
 
アイテムは、使えなくなった。
持っている武器も防具もボロボロだ。
 
 
HPも、残り少ない・・・
 
攻撃できるのも、あと1回が限度であろう。
 
 
 
 
 
 
静原 恋は・・・
 
ウイルスの攻撃に必死に耐えながら、
密かに、魔力を高めていた。
 
最後の究極魔法を唱えるために・・・
 
攻撃+回復 を合わせ持つ最後の大魔法を!!
 
 
 
「 ウイルスめっ! こっぴどく痛めつけてくれちゃって!」
 
「 覚悟しなさいよ・・・・」
 
 
 
今・・・ 静原 恋が 最後の攻撃をしかける。
 
 
 
「 ファイナル・バイルス!!」

 

 

 

2006
06
18

タヌキのような リトル族。

 
チロロの小さな森の小さな湖のほとりに住む
体長10cmたらずの リトル族。
 
妖精の一種だという説も浮上している。
 
そんな、風変わりな リトル族を紹介しましょう。
 
 
 
 
この子は、まるでタヌキのような リトル族.
 
 
どうやら、リトル族は 体に鮮やかな模様があり
おしゃれなのか・・・ 何かを体につけている。
 
この子は、鼻にヒゲの形をした輪っかをつけてるね♪
 
 
今から、お昼寝でも するのかなぁ??
 
 
 
「 あっ! ごめんね。 起こしちゃったねっ♪」

 
 
でも、このチロロのリトル族たちは
みんな のどかに暮らしていて ほのぼのしちゃうね。

 

 

 

2006
06
17

チロロのリトルたち。

 
 
それは、体長10cmぐらいの小さな生き物だった。
 
 
チロロ文明の謎というか、特徴とでも言うべきか・・・
 
文献 「チロロの36の謎」 にも記されているもので
リトル族が存在していたというのだ。
 
 
 
 
この妖精みたいな、小さな生き物は
今もなお、チロロ文明の空間がそのまま残るチロロニアにいた。
 
小さな森の中の小さな湖のほとりで
たくさんのリトル族が生活していた。
 
 
彼らの特徴は、足がない事である。
小さくて軽いので、翼で移動するだけでいいから
きっと、足が退化してしまったのだろう。
 
 
このリトル族には、いろんな姿をしたのがいるみたい・・・
 
 
もう少し、ここにいて、
このリトル族の事を調べてみようかな?
 
 
 
2006
06
17

草食植物。

 
チロロニア・・・
 
そこは、チロロ文明の時代の生き物が
そのままの姿で残っている秘境の地である。
 
そこで、またしても 新種発見。
 
 
 
草食植物の ソテルン
 
草が大好物の植物動物である。
 
だからか~~。
チロロニア草原にところどころ
綺麗に芝刈りでもされた跡があるなぁと思っていたら
この ソテルンが草を食べた跡なんだ。
 
 
でも、イモムシが大嫌いらしい・・・
 
たまに、草を食べようとして
イモムシが付いていると、
びっくりして、気絶することもあるんだって。
 
 

2006
06
16

しずの心には・・・

 
 
しずの心の中には・・・
もういいかなっ?って つぶやくのがいるの。
 
もしかしたら・・・
それは、しずの本心かもしれない。
 
 
死んじゃったら・・・
 
しずが唯一愛した男性がいる天国に
いける自信はある。
 
 
 
 
 
 
でも、なぜっ・・・生きてるんだろう??
 
この世に、しずの居場所はあるけど・・・
あなたが、いないじゃない。
 
 
女の子だからね。
男って、先に死んじゃうんだよね。
生意気なのに、弱っちいから!!!
だから、いずれ・・・
女の子は、みんな残されちゃうのは知っている。
 
 
ただ・・・・ しずの場合。
それが、みんなより めちゃくちゃ早かっただけの事・・・
 
 
でも、しずも負けず嫌いだから・・・
あなたが迎えにくるまで、そっちに行かないと決めた。
 
 
いくら、心が 「 もう、いいよねっ。」 って言っても・・・
あなたは、笑ってるだけで、
手をのばしても、決して握ってくれないもんね。
 
あなたが、手を握ってくれるまでは、
絶対、そっちに行かない。
 
 
 
 
しずは、病気になると、すぐ弱気になっちゃうから・・・
あなたに、甘えようとするの。。。
 
 
ごめんね。 ・・・でも、
 
 
いつか・・・ もう一度、手をつないで一緒に歩こうね♪
 
 

2006
06
15

王子の一番怖い存在。

 
怖いものしらずで有名な
魔界族の王子 アル・G・グランチェス にも
唯一、怖いものがあった!!
 
 
 
 
 
 
それが、このお姉ちゃん。
 
 
【 マホ・W・グランチェス 】
通称。マホ姉ちゃん♪
 
本当は、優しい魔女っ娘なのであるが・・・
弟のアルにだけは、とてつもなく厳しい!!
 
マホの得意技は、魔法封じ!!
 
魔法の威力がいくら強くっても、
マホ姉ちゃんの 魔法封じにかかると・・
アルも、ただの悪ガキ同然。
 
前に、一度、アルのペットの ツバサトカゲ が
マホの髪の毛に うん○をしちゃった時・・・
アルは、ボコボコにやられたみたい。
 
でも、アルが本当に困っている時は、
いつでも、助けてくれる 頼もしいお姉ちゃんなのYO。
 
 
 

2006
06
15

クマウサギの 「マウ」

 
チロロ遺跡の洞穴を抜けたところにある
秘密の草原!! 「チロロニア」
 
そこは、チロロの時代の生き物が生息していた。
 
草原を歩いていると
目の前に一匹、ヒョコンと現れた。
 
古代の クマだろうか??
 
はじめて見る、生き物である。
 
 
 
 
それは、ナスカの地上絵にも描かれている動物に近いものであった。

背中に生えた棒状の突起物は、何のためにあるのだろうか?
 
しっぽも、綺麗に渦を巻いていて素敵である。
 
 
チロロの祈祷師 「ヒヨロク」 に聞いてみたら・・・
 
この生き物は、クマウサギの仲間で
 
「マウ」 と言うらしい・・・
 
 
 
なんだか、このマウも、とぼけた顔をしていて
かわいいねっ♪
 
 
2006
06
15

火の鳥??

 
古代チロロの火山に住んでいたと思われる
 
【 火の鳥 ホノオウ 】
 
 
 
 
 
チロロ文明には、火山があった事が明らかになったが
どうやら、そこに、口から火を吐く怪鳥がいたらしい。
 
 
古代チロロ人は、火山を崇拝しており、
もちろん、この火山に住む ホノオウ
神の化身として、尊敬していた。
 
しかし、この壁画から、考察すると、
どうやら、怖い存在ではなかったようだ。
 
チロロ人が、このように愛嬌のある壁画を残したのも
きっと、ホノオウが親しみやすい鳥だったに違いない。
 
 
火の国 チロロ・・・
 
ホノオウは、そんなチロロ文明を支えた立役者だったのかもね。
 

 
2006
06
14

魔界族の王子

 

 

「 俺にホレると・・・ 火傷するぜっ!!」
 
 
 
 
 
履歴書: さすらいの魔界族の王子。
名前: アル・G・グランテェス (通称アル)
性格: 余裕ぶちかましっ!!
怖いもの知らず
性別: 男の子 13歳
決めゼリフ: 「 俺にホレると 火傷するぜっ!!」
口ぐせ: 「 あ~~、かったり~~ぜっ!」

 
 
魔界族の王子は、かっこいいから・・・
魔女っ子たちは、みんなアルの事が大好き。
 
まだ、ちっちゃいけど・・・ 魔法の力はすごいの!
爬虫類には 目がなく・・・ 特に トカゲが大好きっ♪
 
 
今は、反抗期の為、家出中!!

 

 

2006
06
13

チロロ文明の生き残り動物

 
 
きゃあああぁぁあ~~~!!
 
古代文明チロロの生き残り??
とてつもなく ヘンテコな動物 発見~~♪
 
チロロ遺跡の洞穴を抜けたところに
古代のままの草原が残ってたのっ♪
 
そこで、見つけた 古代動物。
 
 
 
「 ありゃ~~ トトオンって言うんじゃ~~! 懐かしいのぉ!」
 
「 トトオンだっ!! 何の役にもたたない動物だったの!!」
 
「 そっ、そんな事ないぞっ! 雷の時は、トトオン 大活躍したじゃないかぁ!」
 
「 そうだったね~。 雷が トトオンの角に落ちてくれるからね。」
 
 
 
謎の壺から出てきた アンドラヒヨロク
懐かしげに、話していた・・・
 
 
どうやら、チロロ文明では、トトオンの角を避雷針代わりにしていたらしい。
 
よく見ると、6本足なんだ・・・
たしかに、間の抜けた動物のような顔をしてるけど・・・
せっかくだから、チロロ探検隊の仲間にしちゃおう!!
 
役にたたないかも しれないけどねっ♪♪
 
 
 
2006
06
12

謎の壺・・・

 
古代遺跡 チロロを 探検していた
インディ・シズ・・・・
 
遺跡の片隅の発掘跡に残されていた
謎の壺を見つけた。
 
あまりにも、汚かったので
手ぬぐいで、拭いていたら・・・
栓みたいなのが、とれちゃった。
 
 
 
 ぼわわわ~~~~んっ♪
 
 
するとっ!!!
灰色の煙とともに、なにやら現れた。
 
 
 
 
 
 
 
「 ちょっと~~、あんたは、すっこんでなさいよっ!」
 
「 なっ、なにを~~! わしだって出たいじゃないかぁ~!」
 
「 レディファーストって知らないの?? これだから野蛮人は嫌っ!」
 
「 おっ、おまえみたいな怪力のレディなんかいるもんかいっ!」
 
「 なに言ってるのよっ! あんたが不甲斐無いから
あたいに、筋肉がついちゃったんじゃないのっ!」
 
「 わっ、わしの・・・どこが、不甲斐無いんじゃ~!」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  顔よっ!!」
 
「 かっ、顔は関係ないじゃろっ!!」
 
 
 
 
どうやら・・・ この二人は、チロロ人の生き残りで、
昔、悪魔の化身 「ツタン・カーニャン」 に、
無理矢理、壺に封印された夫婦らしい・・・
 
なぜ、封印されてしまったか、
永い時間がたっているので、二人とも忘れちゃったらしい。
 
奥さんの方は、とても力持ちの 「 アンドラ♪」
旦那さんは、チロロの祈祷師の 「 ヒヨロク。」
 
 
壺の裏側にある しっぽみたいなのを引っ張ると、
壺の中に、また、封印されるらしい・・・
 
 
 
チロロ探検隊に、力強い仲間が増えたねっ♪
 
 
 
2006
06
11

こりずに、第3弾~~っ!!

 
「 しずわーる♪」   特別企画 第3弾~~~♪
 
 
覚えてくれたかなっ? 猫の国 「 ニャンデアル 」
 
今日も、元気なネコちゃんたちが にぎやかに遊んでいる。
 
 
 
 
ちりんちりり~ん♪
 
サイクリングでも、楽しんじゃおうかしら??
 
 
「 にゃにゃあ!!」

どこからか・・・ 赤ちゃんネコの鳴き声が・・・
 
「 あっ!!」

 

「 いっただきま~~~す♪」
 
「 ええっ!! 赤ちゃんを食べちゃうの~~~!!」

 
ビックリしていると・・・ 空から鬼のようなネコが現れた。
 

 「 こら~~っ!! ドスコイッ!!」
 
 
「 きゃああ! ボクを食べないでぇ・・・」

 

 

はっ!!!!・・・  な~~んだ 夢か~~
 
ふ~~~うっ! ビックリしちゃった~~。
 
もっかい、寝よっと・・・
 

おやすみ~~♪
 
 
( オシッコ行っといた方が、よかったかなぁ??)
 
 
 
 
ぷっ♪、作ったイラストで 強引に お話をつけちゃったけど・・・
この記事に付いてる画像も・・・右上の画像も・・・
プレゼントしちゃいます。
今日、初めての人でも、もってっちゃって~~。
まだ・・・ 増えるかな~~?
 
 
2006
06
11

プレゼント第2弾♪

 
 
「 しずわーる♪ 」 特別企画 第2弾~~~~っ♪
 
 
 
ここは、不思議な世界の しずわーる の どこかにあるという
猫の国・・・「ニャンデアル
 
 
 
今日は、ニャンニャン教会で結婚式があったみたいねっ♪
 
 
 
 
という事で・・
前回に引き続き・・・ ネコのイラスト素材をプレゼント♪
 
 

 

そうそう・・猫の国でも、サッカーが盛り上がってるYO♪
 
 
 
最近、しずは ぜんぜんスポーツはやってないけどね・・・
 
でも、昔は空手なんか
へっぽこだったけどね~~~。
 
 
運動神経ばつぐんだったのYO♪
 
 
 
あとは、テニスもやってた。
 
テニスは、4回戦までいった事があるんだYO。
 
 
 
 
ぷっ♪ 猫の国 「ニャンデアル」のネコたちも
みんな自分のやりたい事を楽しんでいるみたい・・・
 
 
 
 
ネコちゃん大好きの人・・
この記事に使ってある JPEG画像と、右上のGIF画像
プレゼントしちゃいます。
お気に入りがあったら、どんどん持っていってねっ♪
 
 
 
2006
06
10

ネコの絵プレゼント。

 
 
 『 しずわーる♪ 』  特別企画~~!
 
ネコのイラスト・・・
 
無料素材として、大プレゼント♪
( 記念日でもなんでもないのに・・・)
 
 
 
 
 
【JPEG画像】 だニャン♪

 

 
 
 
 
 
 
バックが透明な 【GIF画像】は、右上にファイルがあるYO♪
 
よかったら、みんなのブログで使ってね・・・
 
日記のワンポイントにどうかな?
 
 
 
 
*この無料素材プレゼント企画♪ たまにやっちゃおうかしら?
よかったら、「お気に入り」 登録しちゃっとこ~~♪ ・・・ぷっ♪

 

2006
06
09

101匹にんげん♪

 
 
 
 
101匹 にんげんっ!!
 
                                      ぷっ♪ 
 
     
2006
06
08

探検隊のいたずら♪

 
 
 
 
 
こら~~~っ! だ~れっ??
 
貴重な文化遺産 「チロロ遺跡」の近くの
大きな岩がごろごろしている場所の片隅に
こんな落書きしちゃったの~~~!!
 
チロロ文明の歴史が誤解されちゃうじゃん!!
 
 
でも・・・ こんな生き物がいたら・・・
ツタン・カーニャン より、恐ろしいかも!!
 
 
ぷっ♪
 
 
2006
06
08

カサイザリの イザリン♪

 
shizuren と、クポクポは、
のんきに、クトンの海の浅瀬でのんびり遊んでいた。
 
 
 
「 クポクポーーーーーッ!!」
 
どうやら、クポクポが何かを見つけたみたい・・・
 
 
shizuren は、クポクポのところに行ってみると、
 
そこには、へんてこな魚が騒いでいた。
 
 
 
 
 
【 カサイザリ 】
 
 
 
shizuren は、クポクポに 聞いてみた。
 
「 クポクポ♪ この魚 知ってる??」
 
すると、クポクポは、うなづいて、教えてくれた。

どうやら・・・ この魚は、
カサイザリの イザリン♪って言うらしい。
 
 
イザリンは、イザリウオの仲間で、
胸ビレを足のように動かして歩く事ができるらしい。
 
びっくりすると、目が大きくなってほっぺを膨らますみたい。
 
 
突然、イザリン♪は、喋りだした・・・
 
 
「 ク・ポ・ク・ポ  オーーーープッ!!」
 
 
 
「 w(゜o゜)w ややっ! 聞いたぁ??」
 
「今、クポクポって言ったよねっ! びっくりしちゃった。」
 
 
 
 
みんなは、どんな風に聞こえたかなぁ・・・??   ぷっ♪

 

 

 

 
悪魔の猫???
 
【 ツタン・カーニャン 】
 
 
 
 
チロロ文明の特徴である縞模様。
 
この、ツタン・カーニャンと呼ばれる猫の祖先は
とても有名で、チロロの王家の墓の近くには
ツタン・カーニャンの像が数多く出土している。
 
古い文献  「チロロの36の謎」 にも,
記述されている。
 
当時、ツタン・カーニャンという
悪魔の力を持った生き物が突然現れたらしい・・・
 
詳しいことは、現在調査中であるが、
チロロ文明に影響を与えたのは間違いない。

 

 

2006
06
06

牙オオカミ??

 
チロロ遺跡の新しい壁画を発見。
 
【 長い牙を持ったオオカミ 】
 
 
 
 
 
チロロの国では、デビルとして
恐れられていたらしい・・・
 
よく見ると、お乳があるから・・・
どうやら、メスのようだけど。
 
乳首が3つある事から想像すると、
たぶん、赤ちゃんを3匹産むと思われる。
 
 

2006
06
05

探検隊の荷物持ち。

 
 
 
 
 
 
 
チロロ探検隊の荷物持ち・・・
 
通称 トロトロ♪
 
背中の箱の中には、探検に必要なものが
いっぱい入っている。
 
これでも、一応 探検隊 医療班の一員である。
 
 
歩くのが遅いので・・・
もっぱら、留守番がお仕事♪
 
力だけは、ものすごく強いので、
探検に邪魔な大きな岩も動かしてくれる。
 
体長は、3mで、オスなの。
 
 

2006
06
04

探検のはじまりだ~~!!

 

 

 
通称 「インディ・シズ♪」
 
なんにでも、興味津々の彼女・・・
 
実は、発明家の孫娘で、
いろんな、へんてこは道具を作ってしまう天才。
 
いつでも、そばにいる始祖鳥の「アホウ」は、
おっちょこちぃで、有名なの。
 
チロロ遺跡探検では、いたずらばっかりしている。
 
 
古代遺跡「チロロ」には、
もしかしたら、まだ古代種の生き物がいるかもしれない。

がんばれ、チロロ探検隊!!
 
 
 

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム