FC2ブログ
2007
01
31

怒る岩??・・・  

 
 
チムたちは、宮殿の中の道を進んでいた。
 
左右を、切り立った崖に囲まれた チロロの割れ目には
石で出来た階段と大きな石柱がところどころにあり・・・
奥に行くほど、道幅が狭くなっていた。
 
 
途中、崖の横穴が幾つも空いていて、
穴の奥にも道があるようだったけど・・・
 
とりあえず、チムたちは迷子にならないように
横穴には入らず、一本の大きな道を歩いた。
 
チロロの割れ目は、ジグザグに溝ができていて
くねくね曲がった道が多く、すごい高さの階段もあって
奥に行くだけでも大変だ。
 
 
 
「 いわあああああっっっっ!!!」
 
 
急に、近くで大きな叫び声がしたので、
チムハナテカ は、飛び上がって驚いた。
 
 
振り返ると、もんもんが倒れていた。
 
 
 
チムは、あわてて、もんもんに駆け寄った。
 
どうやら、びっくりして ちょっとだけ気を失ったみたいで、
もんもんは、すぐに目を覚ました。
 
 
「 どうしたの? もんもん・・・」
 
チムが、もんもんを抱き上げて聞いてみると・・・
 
 
「 どうしたもこうしたもあるきゃあっ!!
そのエテ公が わしの顔に、いきなり
小便ひっかけやがったんだがやっ!!」
 
 
チムは、ドキッとして、ふり向くと・・・・
 
 
 
 
 
岩が、怒っていた。
 
 
 
 
「 いわっっはっは~~~っ 」
 
 
すると、今度は反対側で、大きな笑い声が聞こえた。
 
 
「 おみゃあさんが、ぽけぇえっとしとるで
小便ひっかけられるんだわぁあ・・・」
 

 

 
 
 
 
「 なに言っとるだぁ! おみゃあはっ!!」
 
 
怒っている岩を、チムは抱きしめて謝った。
 
「 ごめんなさいっ! もんもんも・・・
悪気があってやった訳じゃないの。」
 
 
 
 
「 おみゃあ・・・ 嬢ちゃんだったのきゃあ・・・」

 
チムが、素直に謝ったので・・・
怒っていた岩も許してくれた。
 
 
 
 
そして、チムたちは、この二人に 不死鳥の事を聞いた。
 
どうやら、この道をずっとずっと行ったつきあたりの分かれ道を
左側に登ったところに巣を作っているらしい・・・
 
 
 
 
 
「 きいつけて、いきゃあよぉぉっ!」
 
 
多分、女性だと思う岩が、笑顔で見送ってくれた。
 
 
 
「 ありがとぉ~~♪」
 
チムは、そう叫びながら、そこを後にした・・・
 
 

 

 

 

スポンサーサイト



2007
01
28

懐かしのニャンデアル♪

 
 
「 しずわーる♪」   プレゼント企画 第4弾~~~♪
 
 
まだやってたのかぁ~~~っ!!
 
懐かしい・・・ 猫の国 「 ニャンデアル
 
ニャンデアルの猫たちは、今も元気に遊んでいた。
 
 
 
mojimoji・・・

 
 

 
pukapuka・・・

 

 
geppu!!

 

 
HUNGYAA!!

 

 
chu♪
 
 
 
 
 
 
この記事内の画像をプレゼントします。
 
なんかねっ・・・ 背景透明のgif画像なんだけど、
添付できなかったから・・・
 
この猫ちゃんたちのイラストを右クリックして
画像保存して、持ってちゃってねっ♪
( 他の記事のイラストはダメYOっ♪ ぷっ。)
 
 

2007
01
28

まだ・・だるいぃ~~

 
 
 
くっちょぉぉ~~~!!
 
いっぱい寝たのに・・・
 
まだ、ちょっとだるいじゃんっっ!!
 
 
 
 
 
 
 
疲れが、たまりすぎてるのかしらん?
 
運動不足かもねっ♪
 
ちょっと、散歩でもしてこようかなぁ・・・
 
 

 
2007
01
26

古代宮殿の門番♪

 

 

 

ハナテカが、アチャコウモリのアチャチャから聞き出した
不死鳥がいる場所っていうのは・・・
 
遠い昔の大地震によって、
地面にとても深い亀裂が入った場所に隠された秘境
 
そう、「チロロの割れ目」とも呼ばれている場所で・・・
 
そこには、いくつかの岩と土でできた宮殿らしきものがあり、
古代チロロ人が住んでいた場所だった。
 
てっきり、崩壊しかけているその宮殿は
とても大きな石の柱が立ち並び、
崖の横穴を巧みに利用した迷宮になっていた。
 
その宮殿こそ、まさしく
悪戯の女神 チロロ・ロレンが住んでいた・・・
 
謎の迷宮 古代 「チロロニア宮殿」 だった。


 
 
その入り口にある大きな石柱の門の下には
2匹の大きな獅子のような生き物がいた。
 
 
 

 
 
「 おおっ!! 人間に会うのは何百年ぶりだろう?」
 
オスの獅子 ライオスが懐かしそうに言った。
 
 
「 かっこいいっ♪ 門番してるんですかぁ??」
 
チムは、ライオスを見上げながら聞いた。
 

 
「 はて? そうだったのか・・・
そういえば、門番をしていたんだったかも・・・ 」
 
 

「 ここを通ると食べられちゃうのかなぁ??」
 
チムは、質問した。
 
 
「 ほんとなら、ここを通してはダメって言われてたんだったけど・・・
お前、オレの事を かっこいいって言ったから特別に通してやろう。」
 
「 通るなら、ライメスが寝ている今のうちだぞ・・・
あいつは、まじめだからなっ!」
 
 
ライオスは、小さな声で チムたちに言った。
 
 
チムは、もう一匹の門番の獅子を見た・・・
 

 
 
 
「 あっ! 今、寝てるっ!!」
 
 
「 ささっ、今のうちに中に入れ・・・」
 
 
 
「 なんか、人間の臭いがする・・・ムニャムニャ・・・」
 
 
ライメスは、鼻をくんくんさせたけど、目を覚まさなかった。
 
 
 
「 ありがとっ♪」
 
チムは、小さな声で ライオスに礼を言って、
宮殿の中に入っていった。
 

 

 

 

2007
01
26

碧の獣。

 

 

 

もう一人、レオパードバージョンに変身する女性がいた。
 
ミルル・エメラルド
 
 
ちなみに・・・
レオナ・サファイアが、藍の獣なら・・・
 
ミルルは、碧の獣。
 
 
 

 
 
 
こう見えても、お笑い系  ぷっ♪
 
お菓子が大好き・・・
でも、食べ過ぎると、お腹を下しちゃう。

 

 

 

2007
01
20

青い獣♪

 
 
 
【 レオナ・サファイア 】
 
 
恋ちゃんが、朝方、たま~~に変身しちゃう青い獣・・・
 
疲れていて、理性を失いかけると、
髪の毛の色が青く染まり・・・
 
レオナに変身してしまう。
 
そう! レオナは 恋ちゃんのレオパードバージョンなの。
 
 
 
 
 
こうなっちゃうと・・・・
 
ごく一部の友達のブログの掲示板に
すっごくかわいい悪戯描きをしてしまうっっ!!
 
 
特に、休日の朝は要注意なのYONっ♪ ぷっ。
 
 
まぁ、ちゃめっけだよねっ♪ 
 
 
 

 

2007
01
20

アチャコウモリ。

 
 
 
 
小人のハナテカが言うには・・・
 
不死鳥の居場所は、
洞窟の奥に住む アチャコウモリが知っているらしい。
 
 
チム♪たちは、アチャコウモリを探す為
洞窟の奥の方に向かった。
 
アチャコウモリは金属が大好きでえ、
特に黄金色に輝くものを見つけると
巣に持ち帰る習慣があるという。
 
 
チム♪は、懐中電灯をつけて、あたりを見回した。
 
すると・・・
奥の方に、キラキラと懐中電灯の光を反射する場所があった。
 
近付いてみると、ほらっ!
金属が集められている場所の岩場に
アチャコウモリがいた。
 
 
 
 
 
うがうがうが??
 
 
ハナテカは、不死鳥の居場所を聞いた。
 
しかし、アチャコウモリアチャチャ は、
とぼけ顔をして、教えてくれそうにない・・・・
 
チム♪は、ポケットから金貨を一枚出して
アチャチャに、見せた。
 
それを見た アチャチャは、
急に不死鳥の居場所を話し出した。
 
 
 
うがうがうが。。 うがっ♪
 
どうやら ハナテカは、不死鳥の居場所がわかったみたい。
 
アチャチャは、チム♪の手から金貨を奪い
自分の巣に持ち帰った。
 
 
 
「 よかったね♪ハナテカ・・・
じゃあ、さっそく不死鳥の所へ出発だぁ♪」
 
 
って、チム♪の号令で、探検隊は洞窟の外へ・・・・
 
 
「 キンカ・・・」
 
もんもんが、ポツリとつぶやいたので
チム♪が振り返ってもんもんを見ると、
 
もんもんの手には、さっきアチャチャにあげた金貨があった。
 
 
「 あらっ。 持ってきちゃったの?」
 
「 よく、アチャチャが怒らなかったね・・・」
 
 
 
どうやら、アチャコウモリの習慣は、
金属を巣に持ち帰る事だけで、
 
その後は、別になくなっても気にしないようだ・・・
 
 
変な生き物なんだねっ。 ぷっ♪
 
 
 

2007
01
20

青い雌豹。

 
 
 
夜から朝に変わるとき・・・
 
突然、恋ちゃんが、青い獣に変身する。
 
 
 
 
 
 
心の奥に閉じ込めていた
野生の血が目覚め始める・・・
 
 
はたして、恋ちゃんは、
人間の心を取り戻す事ができるのかっ!!
 
 
美しくて危険な 雌豹が誕生した。
 
 
 

2007
01
18

ハナテカの頼み。

 
 
 
 
また歩き出して、一分もたたないうちに
 
その小人の女の子は、ぴゅーーーっって勢いで
もう一人の小人を連れてやってきた。
 
どうやら、連れてきたのは お兄ちゃんみたい・・・
そして、そのお兄ちゃんは チム♪たちに、
 
 
「 うがうがうがうが・・・・・・ 」
 
って、何かを伝えようとしている。
 
 
 
 
 
「 うがうがうが・・うがうが??」
 
意外な事に・・・
チム♪は、さすが探検慣れしているのか
この小人の言葉が解かったみたいで、
その小人に聞き返している。
 
 
 
「 うがうがうがうが・・・・」
 
「 うがうがっ!!」
 
「 うがうがうが、うがうが!」
 
「 うが!」
 
 
 
どうやら、この小人の兄弟のお父さんの
病気を治すために、不死鳥の尾羽を
一緒に取りに行って欲しいって言っている。
 
もし、手伝ってくれて、無事に尾羽を手に入れたら
先祖代々の家宝でもある壺を くれると言っている。
 
 
これは、やるしかないでしょっ!!
 
 
チム♪は、気分よく引き受ける事にした。
 
 
 
小人の ハナテカ が、仲間に加わった。
 

 

 

 

2007
01
17

洞窟の女の子

 
 
 
大岩の隙間から、洞窟の中に入ると
結構、広い空間が広がっていた。
 
チム♪もんもんは、あたりを見回した。
 
天井の壁に穴が空いていて、
そこから陽が差し込んでいるから
薄暗いけど、なんとか見る事ができる。
 
 
ゴソゴソ・・・・
 
 
チム♪は、驚いて、その音がした方を見た。
 
 
すると、小人の女の子がいた。
 
 
 
 
その女の子は、チム♪達に気付いてないのか
一人で、楽しそうに遊んでいた。
( どんな遊び??ぷっ。)
 
 
もんもんが、足元のものを指差して、
 
「 うこ・・・ んこ・・・ 」
 
って、しゃべったのが聞こえたのか、
その女の子は、チム♪達に気付いて・・・
 
ぴゅ~~って、勢いで姿を消した。
 
 
 
「 あの子は、この洞窟に住んでいるのかな?」
 
 
チム♪は、仲良くなりたかったのに、
ちょっと残念な気分だった。
 
 
「 また会えるかな??」
 
 

 

2007
01
17

ねばぎぶあぷ。

 
 
 
先週の週末から・・・ ず~~っと、
日にちが変わってから帰宅なのYO~~~。
 
忙しすぎる~~~~~。
 
昨日も、今日の夜中の3時に帰ってきたんだYO。
もう、タクシーの運転手のおじさんと
会話するのも、慣れちゃったぜっ!! ぷっ。
 
 
 
 
 
 
でも、今日は お疲れ休みだぁ~~~っ!!
 
だから、こんな時間に絵を描いてるの。
 
 
今日は、ぐっすり寝るぞ~~~~っ!!
 
 
うんにゃ、いっぱい絵を描いちゃおうかしら??
 
へへっ、 とにかく、今日は休みなの。
 

遊ぼうかな??

 

 

 

2007
01
14

ウパウパ・・・ 

 
 
 
断崖絶壁の岩壁の一本の細い道を渡って
チロロ遺跡の入り口がある大岩の隙間に入ったら
いきなり、もんもんが、とび跳ねた。
 
チム♪は、ビックリして中をのぞいてみると・・・
 
そこに、8本足のトカゲみたいな生き物がいた。
 
 
もんもんったら、トカゲには弱いのかしら??」
 
 
 
 
 
 
このウパウパという 8本足のトカゲは、
背中から、石鹸のような泡を出すらしい。
 
なるほど・・・
言われてみれば、とてもいい匂いがする。
 
 
チム隊長は、このウパウパを一匹捕まえて
持って行く事にした。
 
 
「 今度、川で体を洗う時に使っちゃおっと♪」
 
 
もんもんは、それを嫌そうに見ていた・・・
 

 


 

2007
01
13

コロコロタヌキ♪

 
 
 
おおっ!!
 
ちるあらんど。で、めちゃかわいいタヌキ発見っ♪
 
 
体長40cmぐらいの小さなコロコロタヌキ♪
 
え~~とねっ・・・
 
名前は、「 タヌコロ 」ちゃん。
 
 
ただいま、化け学を勉強中・・・
 
でも、この子、才能ないみたい。  ぷっ♪

 

 

 

2007
01
10

おたけび

 
 
 
チムもんもんは、深い森を歩きつづけて・・・
 
やっと、
チロロ遺跡の入り口がある断崖絶壁の
大岩の隙間が見えてきた。
 
「 あそこが、入り口だよっ!」
 
って、チムが、嬉しそうに叫んだ、ちょうどその時・・・
 
 
ガサガサガサッ!!
 
って、近くの森の茂みから、
なにやら、怪しい奴が現れた。
 
 
 
 
 
「 ふごぉぉぉ~~!!」
 
って、そいつは、大きなおたけびをあげた。
 
そして、もんもんにいきなり襲い掛かった。
 

でも、もんもんは、ひらりとかわして
木の枝に飛び乗った。
 
 
そのドクロのお面をつけた怪物は
今度は、チムに襲いかかろうと
両手に持ったこんぼうを振り上げた。
 
 
「 ふごぉぉぉ~~!!」
 
 
「 きゃあぁあっ!!」
 
チムが驚いて、後ろにひっくり返ったと同時に・・・
 
ゾリッ!!
 
って、音と共に・・・ ブーメランが宙を舞った。
 
 
 
チムが恐る恐る、目をあけてみると・・・
 
おたけび(今つけた怪物の名前)の頭の毛が
ブーメランで、見事に剃られて、ハゲになっていた。
 
 
 
「 ふごぉぉぉ~~ 」
 
おたけびは、頭を抑えて、
また森の中へと帰っていった。
 
 
 
「 もんもん 強いじゃんっ♪」
 
 
もんもんは、全然 おたけびの事を怖がっていなかった。
 
「 頼もしいねっ♪」
 
チムは、ご褒美に・・・
もんもんに、大好きなビスケットをあげた。
 
 
 

 

 

2007
01
09

もんもん。

 
 
 
チロロ遺跡の近くにある密林を歩いている途中、
探検隊隊長のチムの目の前に、
いきなり現れたのが、この猿人の子供。
 
この猿人の種族は、古代より
チロロの秘宝を守っているらしいけど、
 
チムがポケットからビスケットをあげると・・・
 
簡単に、なついちゃったYO。
 
 
 
 
 
 
 
名前は、「もんもん♪」っていうらしい。
 
もんもんは、好奇心旺盛で、
大の冒険好きっ!!
 
「 チム・・・・ 」
 
って、言葉を覚えた。
 
これから、ちょっとづつ言葉を覚えていくと思うけど・・・
知能は、おサルさんに毛が生えたぐらいかなぁ??
 
 
背中に、ブーメランを背負っていて・・・
ブーメランを投げさせたら、天下一なの。
 
チロロ遺跡の案内役にも使えるかも??
 
 
 
チロロ探検隊に新しい仲間が加わった。
 
 

 

2007
01
08

チロロ探検隊がっ!!

 
 
 
あの・・・ 謎の探検隊・・・
 
そう・・・ しずわーるの古代チロロ遺跡を
調査する事を目的とした チロロ探検隊が・・・
 
リニューアルして、復活だぁっ!!
 
 
 
 
みんなを、摩訶不思議な旅へと誘います。
 
 
この女の子が、探検隊隊長の チムちゃん。
 
(原作では、インディ・シズだったけど、
名前もリニューアルしちゃう。)

 
さぁ!! どんな冒険が待ち受けてるのかぁ~~
 
といっても、いつものように
たいした事は、ないっ!! ぷっ♪
 
 

 

 

2007
01
07

幻のキリリ♪

 
 
 
おおっ!! これはっ!!!
 
図鑑にも載っていない幻の動植物の
 キリリ じゃん♪
 
ちるあらんど。の草原で発見しちゃったっ。
 
 
この子・・・
ちっちゃくて、かわいいけど
口から火を吐いちゃうんだYO~~。
 
キャンプには、もってこいの代物? ぷっ♪
 
 
いつもは、土の中に潜って隠れてるんだけど
発情期になると、
土から出て、異性を探すんだって・・・
 
発情期のメスは、
ティルダンスって言われてる、 
しっぽを左右に細かく振る動作をして
オスを誘うらしいんだけど・・・
 
それがまた、めちゃめちゃかわいいのYO♪

 
 
チロロ遺跡の文献 「チロロの36の謎」 にも記されていた
幻の生き物が、ここにもいたなんて・・・
 
この文献によると・・・
怒ると、両腕のカマが鋭くなって
なんでも、スパスパ切ってしまうらしいの・・・
 
 
古代のチロロ文明でも、
チロロ人の生活に役立っていたんだって!
 
 
 

2007
01
06

パピプ♪

 
 
 
不思議動物・・・
 
比較的、岩場の近くに群れをなして生息している
 
パピプ(papipu) という生き物なの。
 
 
 
 
体長10cmぐらいの ぷにぷにした生き物。
 
翼で、空に浮かぶ事もできるけど・・・
地上から 2mぐらいしか、飛び上がれない。
 
雨が降りそうな天気の日には
 パオ~~パオ~~ って
 鼻を持ち上げて 鳴くらしい。

 

 
 
 
うわさによると、
みんなが集まって、合体するみたいYO・・・

 

 

2007
01
04

モノちゃん♪

 
 
 
ちるあらんど。っていう国に住む・・・
カモノハシのモノちゃん♪
 
どうしても・・・
泳ぐときに目を閉じてしまうので
ただいま、特訓中!
 
 
だって・・・・
お魚さんたちと一緒に遊びたいんだもん。
 
 

 
2007
01
04

大サービス♪

 
 
 
2007年 どしょっぱつめのイラスト~~~♪
 
こんなの描いちゃったぁ♪
 
まっ、いいかぁ・・・
 
 
 
 
 
 
 
髪型少し変えたのYO♪
 
服??
だって、描くのめんどくさかったんだもん・・・ ぷっ♪
 
こんな、しずですけども、
今年もよろしくねっ♪
 

 
2007
01
01

あはっぴにゅいや

 
 
新しい年だぁ~~~っ!!
 
しずは、さっき、旧東海道のお寺が並んでるところで
 除夜の鐘をついてきました。
 
ゆく年くる年みたいな感じで
とっても素敵だったYO~~♪
 
少しだけ・・・
心が綺麗になったみたい。  ぷっ♪
 
 
 
 
 
みなさんっ!
2007年が、心に残る年になるといいですね♪
 

次は、初詣だぁっ!!
 
 
 
 

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム