FC2ブログ

 
 
 
エレガント・キーモ城にあるという・・ 禁断の部屋!
 
 
そこに入るのには、鍵の妖精を見つけないと・・・・
 
 
 
 
 
 
 
「  金の鍵? それとも 銀の鍵?? 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どっちを選べば、禁断の部屋の扉が開くのかな?

 

スポンサーサイト



2008
08
28

昼間は、この子!

 
 
 
 
エレガント・キーモ城の塔のてっぺん・・・
 
ふと見ると、
 
 
夜とは違った肝皮が、しがみついていた。
 
 
なんなの?? この子たちっ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
実は、この肝皮太陽・・・
 
しずが、肝皮三日月を描いたのを見て、
ちるあ。が、まねて描いてくれたものなの。
 
 
 
不思議な、コンビの肝皮キャラができたでしょ?  ぷっ♪
 
 
 
ELEGANT・KIIMO! の新しいシンボルになるかもね♪

 

 

 

2008
08
27

キーモ城のてっぺんに

 
 
 
 
しずわーる♪に不気味に存在するという
エレガント・キーモ城
 
 
 
夜になると・・・
 
いつのまにか、一番高い塔のてっぺんの屋根に
朝まで しがみついてる 肝皮がいた!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なにをする訳でもなく・・・
 
ただただ、夜のエレガント・キーモ城と一体化している。
 
 
 
 
 
たま~~に、
 
 
ホォォォ~~  ホォォォ~~ 
 
って、遠吠えをするらしいけど・・・
 
 

2008
08
26

洞穴が崩れる~~っ!

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
「  あなた・・・ わたしを食べるの・・? 」
 
 
化け物につかまった プイプイちゃん♪は、不思議なこうもり傘を
化け物の顔に向けて言った。
 
 
 
 
 
ちょうど、そこへ・・・
 
プイプイちゃん♪の 希望の杖を盗んだ ヒゲうさぎが現れた。
 
 
 
2匹のイノシシたちは、それを取り上げると・・・
 
 
 
「  お頭~~~っ!! 希望の杖ですぜ~~っ!! 」
 
 
って、化け物に向かって叫んだ。
 
 
 
 
 
「  こ・・ 子供たちは!! 」
 
 
ヒゲうさぎは、もう一匹のイノシシに尋ねた。
 
 
 
「  大丈夫だぜっ! 洞穴の外で休んでるから・・ 」
 
 
って、弟分の イノシシが、ヒゲうさぎに言った。
 
 
 
 
 
「  お頭~~!! 元に戻ってくだせいぃぃぃっっ~~!! 」
 
 
アニキ分のイノシシが、化け物に近寄り・・・
 
希望の杖を見せた。
 
 
 
 
 
「   ぐあるるぅぅぅぅ~~~~~っ!!  」
 
 
化け物は、アニキ分のイノシシを 弾き飛ばした!!
 
 
 
化け物に変身した 盗賊団のお頭は、
もう、言葉も理解できないぐらいの化け物になって・・・
 
どんどん大きくなっていく!!
 
 
 
 
 
 
 
 「  チチンプイ~~~~っ!!!! 」  
 
 
 
 
プイプイちゃんは、不思議なこうもり傘を振り下ろした!
 
 
 
 
 
 
「  ぎゃああああああああ~~~~っっ!! 」
 
 
 
化け物は、プイプイちゃんをつかんだ手を離すと・・
洞穴の壁を叩きながら 暴れまくった!!
 
 
 
 
ものすごい地響きとともに・・・ 洞穴が崩れだした!!
 
 
 
 
 
ガラゴロガラゴロガラ~~~~~
 
 
 
 
天井の岩が雨のように落ちてくる。
 
 
 
 
 
 
 
「  うわぁ~~ああっ!! 」
 
 
 
プイプイちゃんは、このままじゃ 土砂の下敷きになってしまう!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  物体動作制御 ビ~~ム~~~~~~~!! 」
 
 

魔法使いの ロクじい♪が、魔法を放った。

 
 
 
落ちてくる 岩のスピードが遅くなった。
 
 
 
 
 
「  さぁ!!  今のうちに 逃げるのじゃ!! 」
 
 
 
ロクじい♪は、プイプイちゃんの手を取って、抱きかかえた!
 
 
 
「   ロクじい・・・・  」
 
 
プイプイちゃんは、不思議と じいさん魔法使いのロクじいが
一瞬、王子様のように感じた。
 
 
 
 
 
2008
08
23

気持ちいい~~♪

 
 
 
ものすっごく 体が疲れてるけど・・・
 
ものすっごく 気持ちいいの♪
 
 
やっと、終わったって感じ・・?
 
今回、すごく がんばっちゃったんだもん。
 
 
とりあえず、いいものができたと思う・・・
 
 
今日は、家でおもいっきりのんびりしよっと♪
 
 
あ~~♪
 
こんな、すっきりした気分・・  ひさしぶり~♪
 
 
 
いい結果がでるといいな♪

 

 

 

2008
08
13

イノキチゾウの変身!!

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
 
「   おおおいっ!  料理はまだかぁああっ!! 」
 
 
 
 
2匹のイノシシは、あわてて プイプイちゃん♪のいる台所にやってきた。
 
 
 
 
「  早くしないと!  お頭が、暴れだしちまうぜっ!! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   ギャオオオオオ~~~ッッ!! 」
 
 
 
 
洞穴の奥で、盗賊団のイノシシのお頭 イノキチゾウ が、叫んでいる・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  できたよ~~♪ 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、出来たてのホカホカ キノコ料理を
2匹のイノシシたちに渡した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  おおっ!! でかしたぞっ!! お前らぁ!! 」
 
 
 
「  さっそく、お頭の所に、運んできやすぜっ!! 」
 
 
 
 
って、言うと・・・ 2匹のイノシシは、洞穴の奥の部屋にかけこんだっ!
 
 
 
プイプイちゃん♪たちも、その後を追って・・・
 
奥の お頭の部屋に入った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   おおお~~っ!!  早く食わせろぉぉおおおっっ!! 」
 
 
 
って、イノキチゾウは言うと・・・・
 
 
その料理の皿ごと 口の中に入れた。
 
 
 
 
 
 
 
「  はてな・・?? さっきよりも気のせいか大きくなってるみたいだがやっ! 」
 
 
 
て、天天♪は、イノキチゾウの姿を見て、そう言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
すると・・・
 
 
 
 
 
「   ぎゃああああっ!! かっらぁあああああ!!  」
 
 
 
「  なんだっぁあ?? こりゃあああっっ!!! 」
 
 
 
 
 
イノチキゾウが、料理を食べると・・・
 
 
のどに手をやりながら、大声で叫んだっ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうなの♪
 
 
 
プイプイちゃん♪が出した 不思議な小さな雪だるまみたいな料理人たちは、
味覚がまったくなくて・・・
 
キノコと一緒に入っていた とうがらしのような野菜を大量に料理に使っていた。
 
 
 
その辛さといえば・・・
 
並大抵の辛さじゃないみたいだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   ぐわあああああ=====っっ!! 」
 
 
 
 
 
イノキチゾウの様子がおかしいっ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
「  やべえですぜっ! アニキ~~~~っ! 」
 
 
 
「  こりゃあ、逃げた方が よさそうだな! 」
 
「  きっと、またあの化け物に変身するぞっ!! 」
 
 
 
 
 
って、2匹のイノシシたちは、あわてだした!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  どうしたんだろ・・?  なんか様子が変だね・・  」
 
 
 
って、だんだん大きくなるイノキチゾウを見ながら
プイプイちゃん♪は、ロクじいに言った。
 
 
 
 
 
「  姿が変わっていくみたいじゃぞぉぉ~~ 」
 
 
 
ロクじいも、苦しそうに もがいている イノキチゾウを見て言った。
 
 
 
 
 
 
 
「   ほんとだっ!!  ちょっとキモい~~っ!! 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、 まったく別の姿になろうとしてる
イノキチゾウを見ながら、鳥肌をたてた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   ぐわぁあっ!! ぐわわわぁぁあっ!! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イノキチゾウは、すごく大きな化け物に変身してしまったっ!!
 
 
 
 
 
 
 
「  おまえらかぁぁあ~~?? 」
 
「 オレ様を怒らせた奴はぁぁぁぁぁあああああ!! 」 
 
 
 
「  あんな 辛いもん 食わせやがったやつはぁぁあああっ!! 」

 
 
 
 
そう言うと・・・・
 
 
化け物に変身した イノキチゾウは、プイプイちゃんを大きな手でつかむと
 
大きな口をあけながら、プイプイちゃん♪をにらんだ。
 
 
 
 

 

 

 

2008
08
10

小さな料理の達人たち・・

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
「  アニキ~~ 助かりやしたねっ! 」
 
 
「  おうっ!! ちょうどいい具合に 料理人が現れるなんざ・・・
オレたちの行いがいいからだなっ!! 」
 
 
「  ブヒヒヒヒっ!! 」
 
 
 
2匹のイノシシたちは、笑った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  おみゃあさん・・・ 料理できるのかぁ?? 」
 
 
 
 
って、天天♪が、プイプイちゃん♪が小さな声で聞いた。
 
 
 
 
 
「  ばかね~♪ 私が作れるわけないじゃん!! 」
 
 
「  まだ、夢見る少女なのよっ! 」
 
 
 
 
って、プイプイちゃんも笑って言った。
 
 
 
 
 
「  どうするんだよ~~っ! 」
 
 
 
「  なんとでも なるわよ~♪ 心配しなくていいって! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
洞穴の中の台所についた イノシシたちとプイプイちゃん♪たち。
 
 
 
 
 
 
「  さぁ!! 思う存分、料理を作ってくれぃ~! 」
 
 
 
って、イノシシのアニキが、プイプイちゃん♪に言った。
 
 
 
 
 「  はぁ~い♪ 」
 
 
 
「  でも、お料理するのを見られるの 恥ずかしいから あっち行ってて! 」
 
 
 
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、2匹のイノシシを台所から 追い出した。
 
 
 
 
 
 
 
「  さぁってと・・・ うまく出来るかなぁ~~? 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は言うと、
 
 
不思議なこうもり傘を 取り出して・・・・
 
 
 
 
「  チチンプ~~~~イっ!!! 」
 
 
 
 
 
すると・・・
 
 
 
 
 
調理台の上に、10匹の エプロンをした雪だるまみたいな
生きものが、現れて・・・
 
 
 
みるみるうちに・・・ 料理を作りはじめた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それを見てて・・・
 
 
 
 
「  おおおぉぉ~~  魔法使いも 真っ青じゃな・・・ 」
 
 
 
って、魔法使いの ロクじいが言った。
 
 
 
 
 
 
「  へへへ♪ なんとなく このこうもり傘を振ると・・
 
なんでも、思い通りになるような気がしてたの♪ 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、得意げに言った。
 
 
 
 
 
 
「  すげぇがやっ!! 」
 
 
って、天天♪も、どんどん料理が出来上がっていくのを見て言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  おおおいっ!!! いつまで待たせる気だぁぁああ! 」
 
 
「  おまえらぁ~! オレ様を怒らせるなよぉおおお!! 」
 
 
 
洞穴の奥の方で、大きな怒鳴り声がした。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  やべえですぜっ! アニキっ!! 」
 
 
「  早くしないと・・・ お頭が、また化け物に変身しちまうぜっ!! 」
 
 
 
って、2匹のイノシシたちは、急に ビクビクしはじめた。
 
 

2008
08
09

渡り料理人 プイプイ?

 
 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
 
「  だいじょうぶぅ~? 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、座り込んでいる 子うさぎたちのそばに行き
妹うさぎの おでこで熱を測りながら言った。
 
 
 
 
 
「  あなたたちは、誰ですか・・? 」
 
 
 
って、お兄さんうさぎが、たずねた。
 
 
 
 
 
 
 
「  夢見る 正義の味方・・  プイプイちゃん♪と へっぽこ集団よ。 」
 
 
 
「  誰がへっぽこやねんっ! 」 
 
 
 
プイプイちゃん♪の言葉に、ロクじい♪が ツッコミを入れた。
 
 
 
 
 
 
「  ロクじい・・・ この子の熱、魔法で治せない・・? 」
 
 
って、プイプイちゃん♪は、ロクじい♪に聞いた。
 
 
 
 
 
「  わし・・・ 回復系の魔法は、使えんのじゃよぉぉ・・ 」
 
 
ロクじいは、たそがれながら答えた。
 
 
 
 
 
 
プイプイちゃんは、あたりを見回した。
 
 
 
ムーちゃん・・・  トボトボ・・・  ロクじい・・・  天天・・・・
 
きっと、誰も・・・ この妹うさぎを治せそうじゃない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  う~~ん・・・ 困ったなぁ・・  そうだっ!! 」
 
 
 
 
って、言うと・・・
 
プイプイちゃん♪は、かぶってた古い帽子をぬいで
妹うさぎの頭にかぶせた。
 
 
 
 
 
「  きっと、この不思議な帽子が病気を治してくれるよ・・ 」
 
 
「  ちょっと試しに、かぶっててみて・・ 」
 
 
 
 
 
「  あなたも、調子悪そうだから・・ このマントを羽織ってみたら・・ 」
 
 
 
 
って、プイプイちゃんは、お兄さんうさぎに 自分のマントを渡した。
 
 
 
 
 
 
「  そんなもんで、治ると思えんがやっ! 」
 
 
って、天天♪が、空を飛びながら言った。
 
 
 
 
 
「  ううん・・ きっと大丈夫♪  治してくれるよ・・ 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一方、洞穴に入っていった 2匹のイノシシ・・・
 
 
 
 
 
 
「  アニキ~~  このキノコ、切ってもいいですかい?? 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・と、 一応、料理を作ろうとしていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  おうっ! 好きにやっていいぞっ!! 」
 
 
 
 
 
「  オレさまなんて、こんなの作ってまったぜっ!! 」
 
 
「 ブヒヒヒヒッ・・ ♪ 」
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
「  竹の子 ロボ君 と、キノコ姫 だぜっ! 」 
 
 
じゃじゃぁあ~~んっ! 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
「  アニキ~~  それ、料理とちゃいまっせっ! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   うう~ん・・  料理は難しいな!! 」
 
 
 
 
「  やっぱり、あいつらに 作り方を聞いてこようっ!! 」
 
 
 
 
 
2匹のイノシシは・・・ 子うさぎのところに戻った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  おっ!!  お前らは、誰だっっ!! 」
 
 
 
 
子うさぎたちのそばにいた プイプイちゃん♪たちを見つけて
 
イノシシたちが 騒いだ。
 
 
 
 
 
 
「   渡り料理人 プイプイ♪ と へっぽこ見習いたちです!  」
 
 
 
って、プイプイちゃんは、答えた。
 
 
 
 
 
ロクじい♪は、 「 誰が、へっぽこやねんっ!」って、ツッコミそびれて・・
 
ちょっぴり、残念そうな顔をした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  なにいぃぃ~~!!  お前ら 料理人か?? 」
 
 
 
「  すごく ラッキー ですぜっ!! アニキ~~♪ 」
 
 
 
 
 
 
「  おうっ!! お前ら、料理作ってくれ?? 」
 
 
 
 
 
 
2匹の イノシシたちは、プイプイちゃん♪にお願いした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  喜んで、作ってさしあげましょう・・・ ♪ 」
 
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は言うと・・・
 
 
 
2匹のイノシシとともに・・ 
プイプイちゃんたちは、洞穴の中に入っていった。
 
 
 
 
 
 

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
ドッキンっ!!
 
 
 
プイプイちゃん♪は、急に声が聞こえたのでびっくりして振り向いた。
 
 
 
 
 
 
 
「  お前ら! こんなところで さぼってるんじゃないだろうな~? 」
 
 
「 お頭が、お腹減ったって 言ってるぞ~! 」
 
 
 
 
 
プイプイちゃんたちのいる場所から 少し離れたところで
 
2匹の イノシシが、誰かに向かって叫んでいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  すみませんっ!!  妹が 熱を出して・・・ 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうやら、ヒゲうさぎの子供と思われる 子うさぎ達が
そこに座り込んでいた。
 
 
 
 
 
 
 
「  なにぃぃっ!!  馬鹿ものぉぉ~~!! 」
 
 

「  汗、びっしょりじゃねぇかっ!! 」
 
 
 
「  熱があるのに、裏山に キノコをとりに行ってたのか~? 」
 
 
 
 
 
 
 
一匹のイノシシが、女の子のうさぎのおでこに手をあてて・・・
 
 
 
 
 
「  アニキ~~ すごい熱ですぜ~? 」
 
 
 
「  なにぃぃっっ!!  それは大変だっ!! 」
 
 
 
「  どうする?  どうする?? 」
 
 
 
「  薬なんて、ないですぜ~~~~ 」
 
 
 
 
 
2匹の イノシシたちは、おろおろした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  おおぉぉぉ~~いっ!!   腹が減ったぁぁぁああっ!! 」
 
 
 
 
洞穴の奥の方から、また声がした。
 
 
 
 
 
 
 
「  やべぇえ!  お頭が 暴れだすぞ~~! 」
 
 
 
「  アニキ~~  早く、食い物をもってかないと!!! 」
 
 
 
 
 
 
「  よおおしっ!! オレたちが 料理しようっ!! 」
 
 
 
「  ええっ!! 料理したことないのに~~? 」
 
 
 
「  まっ!  なんとかなるだろっ!! 」
 
 
 
 
 
 
 
2匹の イノシシたちは、子うさぎが採ってきたキノコを持つと・・・
 
 
 
 
「  お前らは、今日は休んでろっ!! 」
 
 
 
って、子うさぎたちに言いながら、洞穴の奥の方に入っていった。
 
 
 
 
 
 
2008
08
06

盗賊団のアジト!!

 

 

【 chichin・pui 】

 

 

 

こもれび神社の おばさん巫女 マア・ミロ♪


盗賊団のアジトの場所を教えてもらった プイプイちゃん♪

 

 


プイプイちゃん♪たちは、そこに向かうことにした。

 

 

 

 

 

 

「  盗賊頭の イノキチゾウ♪には、気をつけるんじゃよ・・  」

 

 

 

って、巫女 マア・ミロ♪は、プイプイちゃん♪に助言した。

 

 

 

 

 

 

「  うんっ♪  ありがとう~~♪  ザマア~ミロ♪おばさん・・・・♪ 」

 

 

って、プイプイちゃんは、手を振りながら言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「   ザ は、いらんっ!! 」

 

 

 

 

 

「  ・・・・・・・・・・・・・・・・ 」

 

 

 

「  不思議な おなごじゃったの・・・ 」

 

 

 

 

 

 

「  まぁ・・・ これも 運命(さだめ)よのう・・・ 」

 

 

 

「  おりが、予言を教えたばっかりに・・・

ほんに・・・ あの子には かわいそうな事をしたの・・ 」

 

 

 

「  みんな、おりが悪いんだよ・・  許しておくれ・・ 」

 

 

 

 

 

預言者 マア・ミロ♪は、目を潤ませながら そう つぶやいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「   ふるーい♪  つぼのなか♪  じいさんが♪  つまってたー♪  」

 

                          注意: 森のくまさんの節で・・・

 

 

 

プイプイちゃん♪は、上機嫌で、ハイキングを楽しんでいた。

 

 

 

 

 

「   それは・・・ わしのことかやっ!! 」

 

 

って、ロクじい♪が、怒りながら言った・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盗賊団のアジトは、こもれび神社をさらに登っていった山の

頂上付近に、できた洞穴(ほらあな)だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

「  おっと! 気をつけて・・・! 」

 

 

 

ライオンの ぬいぐるみの ムーちゃん♪が、プイプイちゃん♪の足を止めた!!

 

 

 

 

 

 

よく見てみると・・・

 

プイプイちゃん♪の足元には、細い縄が 張り巡らされていた。

 

 

 

 

その縄の先をたどっていくと・・・・

 

 

そこには 太鼓のような物が置いてあり、 縄を足でひっかけると

 

太鼓が ド~~~ン! ってなる 仕掛けがしてあった!

 

 

 

 

 

 

 

「  おお~~♪・・・ こんなの 秘密アジトっぽくて・・・ 素敵ぃ~♪ 」

 

 

「  でも、、ムーちゃん♪ よくわかったね~~? 」

 

 

 

 

って、プイプイちゃん♪は、ムーちゃんの頭を撫ぜながら言った。

 

 

 

 

 

「  これでも、ボク・・・ 狩の名人だもんね♪  」

 

 

って、いつもは おとなしい ムーちゃん♪が、少し照れながら言った。

 

 

 

 

 

プイプイちゃん♪は、万が一に備えて・・・・

 

 

ブリキのカメレオンの オセロン坊や♪を引き返らせて、

 

飛行艇 チクビー で、待機してもらった。

 

 

 

 

 

 

プイプイちゃん♪は、他に仕掛けがしてないか・・・

 

あたりを見回しながら、慎重に近づいた。

 

 

 

 

 

 

その洞穴の入り口 に着くと・・・

 

 

いきなり、中から大きな声が聞こえた。

 

 

 

 


「  おおおいっ!!  腹が減ったああっ!! 」

 

 


「  なんか、食い物持ってこおおぉ~~いっ!! 」

 

 

 

 

 


 
 天の国の天使の 天天♪が、宙に浮かんで、
そっと・・・ 別の穴から、中の様子をうかがうと・・・

 

 

 

 

そこに、一匹の大きな イノシシが ふんぞり返って いばっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「  きっと、あいつが・・・ 盗賊団の頭の

イノキチゾウ!に 違いないがやっ!! 」

 

 


って・・・ 天天♪は、プイプイちゃんに報告した。

 

 

 

 

 

 

 

と、その時・・・・

 

 


「  お前らっ!! そこで何してるっ!! 」

 

 

 

って、言う声がした。


 

 

 

 

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
 
「  ええっ??  誰かが死んじゃうって・・? 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、驚いて言った。
 
 
 
 
 
「  そんなの 嫌だっ!! なんとかしてよ!! 」
 
 
 
って、そのオオサンショウウオのおばさん巫女に言った。
 
 
 
 
 
 
 
「  運命(さだめ)じゃよ・・・  変えられん・・・ 」
 
 
 
 
その、おばさん巫女は 振り返り 奥にある看板を見ながらつぶやいた。
 
 
 
 
 
「  結末を予言する  末(すえ)予言 の定めからは逃れられんからのう・・・ 」
 
 
 
 
 
そこには、 末予言と書かれた一枚の看板があった。
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   ザマアーミロ・・・?? 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、首をかしげた。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  いかにも、 おりの名は、 マア・ミロ って言うんじゃがのう・・・ 」
 
 
 
って、オオサンショウウオのおばさん巫女は、名前を言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  違う違う・・・!  その看板にそうやって書いてある・・・ 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、指をさしながら言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   へっ・・・?? 」
 
 
 
って、おばさん巫女の マア・ミロ♪ は、看板を見た。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  こりゃあっ!! この バチアタリがぁあ!!! 」
 
 
 
「  先祖代々 伝わる 由緒ある 末(すえ)予言 に対して・・・ 
 
なんちゅう事を 言うねんなっ!! 」
 
 
 
 
 
巫女 マア・ミロ♪ は、真っ赤な顔をして 怒った!!
 
 
 
 
 
 
 
 
「  なんか 怪しいよね・・・・? 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪が、天天♪に こっそり言った。
 
 
 
 
 
「  よく見ると・・・ ザマアーミロ って書いてあるように見えるがや! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オオサンショウウオの巫女 マア・ミロ♪ は、機嫌をとりなおして
 
こう、ポツリと・・  つぶやいた・・・・
 
 
 
 
 
 
「  あの ヒゲうさぎの 親父も・・・
 
かわいそうな運命(さだめ)なんじゃよ・・ 」
 
 
 
 
 
 
「  今では、盗賊団の一味になりさがっておるがのう・・・
 
根は、優しい・・働き者だったんじゃ・・・ 」
 
 
 
 
 
 
 
 
プイプイちゃんたちは、希望の杖を盗んだ あの ヒゲうさぎ の事を聞かされた。
 
 
 
 
マア・ミロ♪ が言うには・・・
 
 
 
あの ヒゲうさぎには、ふたりの子供がいて、
 
その子たちが、盗賊団の頭の イノキチゾウ! っていう奴に
さらわれてから・・・
 
子供たちを助けるために、一生 盗賊団の手下をやる運命らしい・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  悲運な 運命(さだめ)じゃのう・・・  かわいそうに・・・  」
 
 
 
 
と、マア・ミロ♪ は、つぶやいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  そんなの・・・ 運命でもなんでも ないよっ!! 」
 
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、大きな声で言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  なっ! 何を言うんじゃぁ・・!! おまえさんは!! 」
 
 
「  末(すえ)予言 は、絶対 変えられんのじゃああ!! 」
 
 
 
って、オオサンショウウオの巫女 マア・ミロ♪は、
また、真っ赤な顔をして言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  大丈夫よ♪  プイプイたちが・・・・
 
ヒゲうさぎの運命を変えてあげるっ!! 」
 
 
 
 
 
 
プイプイちゃん♪は、予言者 マア・ミロ♪ も、驚くほどの
 
自信に満ち溢れた笑顔で、そう言った。
 
 
 
 
 
 
2008
08
03

こもれび神社の巫女

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
「  希望の杖が、盗まれる?? 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、笑いながら バックに入れてた
 
ロクじい♪からもらった パンダの杖 こと・・ 希望の杖 を確かめた。
 
 
 
 
 
 
「  あれ・・・ ? 」
 
 
 
「   なくなってる~~~~~っ!!! 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、大あわてで、
まわりを キョロキョロ探した!!
 
 
 
 
「  なにぃぃ~~ おぬし、あの秘宝の 希望の杖を無くしたのかぁぁああ! 」
 
 
 
ロクじいは、びっくりしながら・・・
 
しょんぼりした。
 
 
 
 
 
 
 
「  だって!! この市場に降りる時には あったのよ・・・ 」
 
 
「  なんで・・・???? 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、泣きそうな顔で もう一度バックの中を探してる。
 
 
 
 
 
「  確かに、あったんだもんっ!! 」
 
 
 
 
「  はっ!! 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、ふと気づいた。
 
 
 
 
 
「  あの新聞配ってた ヒゲづらウサギ だがやっ!! 」
 
 
 
 
同時に、天天♪も、犯人がわかったみたい・・・・
 
 
 
 
 
 
「  さっき ぶつかった時に、盗まれたんだぁ・・・ きっと! 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、頭をかかえながらいった。
 
 
 
 
「  あの野郎っ!!  保安官の目の前でっ!! 」
 
 
って、トボトボ が怒りながら ピストルを抜いた。
 
 
 
 
 
 
「  でも、ちょっと待って・・・?? 」
 
 
 
「  どうして、この新聞に、その事が載ってるの・・??? 」
 
 
 
 
プイプイちゃん♪たちは、首をかしげた。
 
 
 
 
 
 
そこへ・・・・
 
 
 
「  おまえさんたち・・・ 何を騒いでるんだい?? 」
 
 
 
って、さっきの市場で 金貨をプイプイちゃんからもらった
古ギツネのおばさんが、心配そうに声をかけた。
 
 
 
 
 
 
プイプイちゃん♪は、号外新聞を おばさんに見せながら・・・
 
ひげウサギに、希望の杖を盗まれた事を話した。
 
 
 
 
 
「  どうして、この新聞に載ってるの?? 」
 
 
 
って、新聞を見てる 古ギツネのおばさんに プイプイちゃんは聞いた。
 
 
 
 
 
「  これは・・・!  こもれび神社にいる預言者の仕業かも?? 」
 
 
 
って、古ギツネのおばさんは、言った。
 
 
 
 
 
「  こもれび神社?? 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  しかし・・・ こんな深い山奥に神社なんてあるんじゃろか? 」
 
 
 
プイプイちゃん♪たちは、古ギツネのおばさんに書いてもらった地図を見ながら
 
こもれび神社の預言者に会いに、川沿いの道を登っていた。
 
 
 
 
 
 
 
「   あっ!!  あれじゃない??  」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は指をさした。
 
 
 
 
二つの滝に挟まれた場所に、隠れるように神社があった。
 
 
 
 
 
 
 
「  預言者って、どんな人物だろう?? 」
 
 
って、天天♪が、宙に浮かびながら言った。
 
 
 
 
 
 
「  とにかく・・・ 行ってみようよ・・・ 」
 
 
 
 
 
 
 
プイプイちゃん♪たちは、滝の裏にある細道を通って・・・
 
神社の前に来た。
 
 
 
 
 
「  ごめんくださ~~~いっ!! 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、大声で叫んだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
すると・・・ 神社の中から・・・
 
 
 
 
「  誰だい?? せっかくいい気持ちで寝てたのに・・・ 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
って、おみくじを持った おばさん巫女が現れた。
 
 
 
 
 
「   預言者さんですか?? 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、聞いた。
 
 
 
 
 
 
 
「   まぁ・・・ ひとつ  おみくじを引きなされ・・・ 」
 
 
 
 
って、そのおばさん巫女が、プイプイちゃん♪に言った。
 
 
 
 
プイプイちゃん♪は、 おみくじを振った。
 
 
 
 
 
 
「   ほほう・・・ あんたがたの仲間の誰かが
 
生き埋めになって、死ぬみたいじゃのう・・・・!! 」
 
 
 
 
 
って、そのおばさん巫女は、おみくじを見ながら ポツリと言った。
 

 

 

 

 

2008
08
02

市場の森の号外新聞。

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
プイプイちゃん♪たち一行は、飛行艇チクビーに乗って・・・
 
 
空をぷかぷかと、飛んでいた。
 
 
 
 
 
「  あぁ~~ん、 お腹減ったぁぁ~~!! 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、お腹を押さえて言った。
 
 
 
 
「  あそこの森の真ん中で、市場やってるでっ! 」
 
 
 
って、チクビーを操縦している オセロン坊や♪がポツリと言った。
 
 
 
 
 
「   わぁ~~いっ♪  行こ 行こう~~!! 」
 
 
 
って、プイプイちゃん♪の号令のもと・・・
 
 
飛行艇 チクビーは、市場の近くの空き地に着陸した。
 
 
 
 
 
 
「   えらく活気のある市場だがや・・・ 」
 
 
 
って、仲間になったばかりの 天天♪がきょろきょろと
周りを見ながらいった。
 
 
 
 
「  わし・・・ あそこの まだらきのこ饅頭 が 食べたいのぉ・・  」
 
 
 
って、黒猫の姿の魔法使い ロクじい♪もヨダレを垂らしながら言った。
 
 
 
 
 
「  なにを~!! わしなら、あっちの山芋バーガーを食べるぞっ!! 」
 
 
 
って、プイプイちゃんのポケットから 小さな保安官 トボトボ♪
顔を出しながら、叫んだ。
 
 
 
 
 
 
「  みんなで、好きな物 食べようよ・・・ 」
 
「  パズルの城にあった金貨がいっぱいあるんだ~~♪ 」
 
 
 
 
って、プイプイちゃん♪は、ぬいぐるみの シマウマムシャムシャ・・
 
ムーちゃん♪のお腹から、がま口を出して・・・
 
 
金貨を、取り出した。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  へ~~ こりゃ珍しい・・・・  金貨かい?? 」
 
 
 
市場で働く、古ギツネのおばさんが、珍しそうに 金貨を見て言った。
 
 
 
 
「  おまえさんたち・・・ この金貨をくれるんなら、
 
この市場にある 好きな物を食べていってもいいよぉ~~♪ 」
 
 
 
 
って、笑顔を言ってくれた・・・・
 
 
プイプイちゃんと、仲間たちは・・・・
市場に並んでいるおいしい食べ物をかたっぱしから食べまくった。
 
 
 
 
 
 
「  いやぁ~~ん♪ この 蜜蜘蛛のわたあめ♪ おいしい~♪ 」
 
 
 
って、この森の市場の名物を、食べながら 満足そうに
 
次は、何を食べようかキョロキョロ市場をみていた・・・
 
 
その時だった。
 
 
 
 
 
 
「 号外~~~!  号外~~~~っ!! 」
 
 
 
 
って、新聞を抱えながら、一匹の ひげウサギが飛び跳ねながら
 
やってきて・・・・
 
 
 
 
どぉぉんっ!!
 
 
 
 
プイプイちゃん♪に ぶつかったっ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「  ややっ! これは綺麗なお姉さん・・・・ 」
 
 
 
「  そうだっ!!  号外新聞を買わないかいっ!! 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プイプイちゃん♪は、綺麗って言われたので・・・
 
 
喜んで、号外新聞を一部買った。
 
 
 
 
 
「  まいど、おおきに~~~っ!! 」
 
 
 
って、言うと・・・ その ひげウサギは、 また、飛び跳ねながら
どこかへ行ってしまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「   !!!!!   えっ??  」
 
 
 
 
プイプイちゃん♪は、その新聞の記事を見て 驚いたっ!!!
 
 
 
 
 
 
 
なんと、その号外新聞には・・・・
 
 
 
 
「  夢見る少女 プイプイちゃん♪ 希望の杖を盗まれるっ!!  」
 
 
 
 
って、見出しが書いてあった。
 

 
 

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム