FC2ブログ
2008
10
05

パンパンパ~ン♪

 
 
【 chichin・pui 】
 
 
 
 
ドカドカアアアアアーーーーン!
 
 
 
その時、土砂崩れで埋まった洞穴から
土砂や岩が吹き飛び・・・
 
大きな影が 中から姿を現した!!!
 
 
 
 
プイプイちゃんは、それを見て・・・・  涙を拭きながら叫んだ
 
 
 
 
「   パンパンパーーーーン ♪♪ 」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どどどーーんっ!!
 
 
 
なんと! 埋まってた土砂をはねのけて
 
希望の杖の怪物パンダの パンパンパン♪が現れた。
 
 
 
パンパンパン♪は、プイプイちゃんのそばにそっと・・・
 
手の中にいる オセロン坊やを置いた。
 
 
 
 
「  オセロ~~~ン!! 」
 
 
 
プイプイちゃん♪は、オセロン坊やを抱きしめた。
 
 
 
 
 
 
 
 
「  ・・・はてね?  ここはどこや?  」
 
 
オセロン坊やが、目を覚ましてつぶやいた。
 
 
 
「  オセロン♪ 」
 
 
プイプイちゃんは、にっこり笑った。
 
 
「  おおっ! 目を覚ましたぞいっ! 」
 
 
仲間たちも喜んだ。
 
 
 
 
 
「  てっきり死んじゃったかと思った・・・ 」
 
 
 
「  そうや!  オラ・・ 大きな音がしたから 洞穴に入ったんや・・ 
 
そしたら、急に山が崩れよって・・
 
生き埋めになってもうて・・・   」
 
 
 
 
「  もうダメやって・・・ 死を覚悟した・・・
 
その時・・ 目に写ったのが、地面に落ちてた 古い杖やった。 」
 
 
 
 
 
「  希望の杖だったんだ♪  」
 
 
 
プイプイちゃんは、オセロン坊やが手に持ってる杖を見つけて言った。
 
 
 
 
 
「  そもそもじゃ! あの ばあさん巫女が変な予言するからじゃ・・ 」
 
 
って、ロクじい♪が言った。
 
 
 
 
「   ほほう・・・ あんたがたの仲間の誰かが
生き埋めになって、死ぬみたいじゃのう・・・・!! 」
 
 
 
「  あの マア・ミロって言う ばあさんの予言はハズレたんだな! 」
 
「  おどかしやがって! ちょっとあせったがや・・ 」
 
 
って、天使の 天天 も、こもれび神社の方を見下ろして言った。
 
 
 
 
 
 
 
「  違うよね・・・  」
 
 
 
「  オセロンの 思った事と反対になるっていう得意技のおかげだよね・・♪ 」
 
 
 
 
プイプイちゃんは、笑って言った。
 
 
 
 
「  それ、技って言うんじゃろかぁ~~?? 」
 
 
ロクじい♪も 笑いながら言った。
 
 
 
 
 
 
 
「  お頭~~~~~っ! 」
 
 
向こうの方で、イノシシたちが騒いでる声が聞こえた。
 
 
 
 

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2008/10/05(Sun) 17:50杏♪an [ URL|Mail ]

    (ノ´▽`)ノオオオオッ♪ よかったがや ん? うつったw

  3. 2008/10/05(Sun) 19:50かずちゃん [ URL|Mail ]

    ぷ♪

  4. 2008/10/09(Thu) 01:01Meru・:・Moru [ URL|Mail ]

    しばらく見ないうちに、いっぱい先に進んでますネェ・・・
    今日は、もう遅いので、後日、あらためて読みに来ますね…♪
    これ見ただけでも、どんな物語り??って ワクワクします。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム