FC2ブログ
2005
11
20

古代にあった話 2

ザイゴンは、目の前のデーモンをあっという間に粉砕した。  ザイゴン : 「 はて?俺は死にかけていたはずなのに・・・」         「 このみなぎる力はなんなんだ・・・・」               きゃあああああ!!向こうの方で、カルーディア姫がもう一匹のデーモンに今にも、槍で突き刺されようとしていた。  ザイゴン : 「 あの娘は!!」ザイゴンは、カルーディア姫をかばい 右肩にデーモンの死の槍をくらってしまった。 もちろん、その後、このデーモンもやっつけたのだが死の槍の威力はすさまじく、ザイゴンの右肩は動かなくなってしまった。それどころか、再び死にかけようとしていた・・・  ザイゴン : 「 ふっ!俺とした事が、こんな小娘をかばっちまうなんて・・」  カルーディア姫: 「 だ・・大丈夫ですか?・・・・・」  ザイゴン: 「 これでいい・・・ 誰かを助けて死ぬのもいいもんだっ・・・」         「 最後に聞かせてくれ・・・ お前の名は?・・・」  カルーディア姫: 「 カルーディアです」  ザイゴン: 「 カルーディア・・・・ か・・・」ザイゴンは、静かに微笑みながら目を閉じた。カルーディア姫は、ザイゴンの右肩に手をやり自分の命とひきかえにザイゴンにかけられた死の呪いを解いた・・・ザイゴンが目覚めたのは、数日がたった後だった。そこには、あの小さな妖精がかぶっていた帽子が残されているだけだった。右肩が妙にあたたかいのは、気のせいだろうか・・・この時から・・・カルーダザイゴンと名乗るデーモン族を倒す魔人が現れるようになった。

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2005/11/20(Sun) 09:57原 みつる [ URL|Mail ]

    ( ,,-` 。´-)ホォーォ
    ゚.+:。(ノ。σ、)゚.+:。 クスン ってなる話だけど・・・負けてやんないからね

  3. 2005/11/20(Sun) 19:27ゆん [ URL|Mail ]

    。・゚・(ノД`)・゚・。 そうだったのか~(ノд-。)クスン
    めっさいい話だ~(´I `。(-ェ-。(´I `。(-ェ-。)ウンウン
    でも・・・カルーディア~~~~!!!。・゚・(ノД`)・゚・。

  4. 2005/11/21(Mon) 01:42☆彡 なずな [ URL|Mail ]

    姫~~~~~~~~~~~ 〃T0T〃あうぅぅ。。

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム