FC2ブログ
2007
01
31

怒る岩??・・・  

 
 
チムたちは、宮殿の中の道を進んでいた。
 
左右を、切り立った崖に囲まれた チロロの割れ目には
石で出来た階段と大きな石柱がところどころにあり・・・
奥に行くほど、道幅が狭くなっていた。
 
 
途中、崖の横穴が幾つも空いていて、
穴の奥にも道があるようだったけど・・・
 
とりあえず、チムたちは迷子にならないように
横穴には入らず、一本の大きな道を歩いた。
 
チロロの割れ目は、ジグザグに溝ができていて
くねくね曲がった道が多く、すごい高さの階段もあって
奥に行くだけでも大変だ。
 
 
 
「 いわあああああっっっっ!!!」
 
 
急に、近くで大きな叫び声がしたので、
チムハナテカ は、飛び上がって驚いた。
 
 
振り返ると、もんもんが倒れていた。
 
 
 
チムは、あわてて、もんもんに駆け寄った。
 
どうやら、びっくりして ちょっとだけ気を失ったみたいで、
もんもんは、すぐに目を覚ました。
 
 
「 どうしたの? もんもん・・・」
 
チムが、もんもんを抱き上げて聞いてみると・・・
 
 
「 どうしたもこうしたもあるきゃあっ!!
そのエテ公が わしの顔に、いきなり
小便ひっかけやがったんだがやっ!!」
 
 
チムは、ドキッとして、ふり向くと・・・・
 
 
 
 
 
岩が、怒っていた。
 
 
 
 
「 いわっっはっは~~~っ 」
 
 
すると、今度は反対側で、大きな笑い声が聞こえた。
 
 
「 おみゃあさんが、ぽけぇえっとしとるで
小便ひっかけられるんだわぁあ・・・」
 

 

 
 
 
 
「 なに言っとるだぁ! おみゃあはっ!!」
 
 
怒っている岩を、チムは抱きしめて謝った。
 
「 ごめんなさいっ! もんもんも・・・
悪気があってやった訳じゃないの。」
 
 
 
 
「 おみゃあ・・・ 嬢ちゃんだったのきゃあ・・・」

 
チムが、素直に謝ったので・・・
怒っていた岩も許してくれた。
 
 
 
 
そして、チムたちは、この二人に 不死鳥の事を聞いた。
 
どうやら、この道をずっとずっと行ったつきあたりの分かれ道を
左側に登ったところに巣を作っているらしい・・・
 
 
 
 
 
「 きいつけて、いきゃあよぉぉっ!」
 
 
多分、女性だと思う岩が、笑顔で見送ってくれた。
 
 
 
「 ありがとぉ~~♪」
 
チムは、そう叫びながら、そこを後にした・・・
 
 

 

 

 

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2007/01/31(Wed) 02:01杏♪an [ URL|Mail ]

    o(*^▽^*)oぁはっ♪ めちゃ なごやべんの岩なんやなぁ・・・・

  3. 2007/01/31(Wed) 19:33みつるぉ嬢様! [ URL|Mail ]

    。゚ ((゚ノ´・・_,`゚o))゚。アヒャヒャァ
      名古屋弁おもろいな~そんな言葉わかんないぞぃ。

  4. 2007/01/31(Wed) 20:30すずの♪ [ URL|Mail ]

    おっぱいみたいなのがあるけど。。。 ミルクが出るのきゃ?(プッ。。。 

  5. 2007/01/31(Wed) 21:08ウッド [ URL|Mail ]

    岩可愛い→(ノ∀`*)アチャポー
    埴輪みたい♪
    女性だと思う岩って、男だったら面白い((*≧m≦)ププッ

  6. 2007/02/01(Thu) 12:32卯李 [ URL|Mail ]

    岩さんの胸がΣ(’’;)りっぱですっ ってか名古屋弁ってどこで岩さんどこでおぼえてきたんだろーw

  7. 2007/02/06(Tue) 20:03Non♪ [ URL|Mail ]

    よく見ると。。。。 男の方には、チンポ○らしきものがあるぅぅ>>>>  

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム