FC2ブログ
2007
02
11

ペギランのほこら。

 
 
 
チムたちは、再び不死鳥の背中に乗って
チロロの割れ目にあるチロロニア宮殿へ向かっていた。
 
 
不死鳥の背中の上で、モクモクが チムのリュックの中にいた
ウパウパを見つけた。
 
 
「 あいやぁ~ ウパウパあるね~~♪」
 
「 ウパウパの背中から出る泡は、いい薬になるあるよ~ん。」
 
 
そう言って、ウパウパを取り出して
背中から、泡を出し始めた。
 
 
それを見た トカゲが大嫌いな もんもんは、
びっくりして後ろへ大きく飛んだ瞬間・・・
 
不死鳥から落ちてしまった。
 
 
 
チムは、すかさず 自慢のムチで もんもんの足をつかまえたけど、
不死鳥の背中に落ちた ウパウパの泡で滑ってしまい、
チムともんもんはチロロの割れ目に落ちてしまった。
 
 
 
「 あいや~~~~っ!!大変ある~~っ!!」
 
 
「 やばいあるっ!! あそこは、≪ペギランのほこら ≫ ある~~っ!!」
 
 
モクモクは、二人が落ちた場所を見て そう叫んだ。
 
 
 
 
 
一方、ペギランのほこら に落ちた チムともんもんは・・・
 
ペンギンのような姿で ぷよぷよした体の
大きな生き物 ペギランたちに、囲まれていた。
 
 
ペギランたちは、二人に眠りを妨げられたので
興奮して、みんな怒っていた。
 
 
一匹のペギランの体が光り・・・
大きな口から、チムともんもん に光線をあびせた。
 
 
ピカッッ!!
 
 
 
 
「 あいや~っ!! 遅かったあるかぁぁ!!」
 
急いで、チムたちのあとを追って やってきたモクモクは言った。
 
 
 
ペギランは、魔法を使える生き物で、口から しびれ光線を出すらしい。
その光線をあびると、2~3日は動けなくなってしまうという。
 
 
 
 
ペギランの しびれ光線をあびた チムもんもんは倒れていた。
 
 
でも、チムだけ・・・ 様子がおかしい・・・
 
体が ぽわんっと光りだし、
その光りは天に向かって飛んでいった。
 
チムは、しびれ光線をあびたけど、
その後、体内から その光りを弾き飛ばしてしまった。
 
 
 
 
チムには、不思議な力でもあるのかしら・・・??
 
 
 
 

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2007/02/11(Sun) 15:23杏♪an [ URL|Mail ]

    お・・そうなのね・・・で どうなったんだろう・・・・先先先・・・・・・・・

  3. 2007/02/11(Sun) 23:13ウッド [ URL|Mail ]

    チムの不思議な力どんな力なんだろう。

  4. 2007/02/12(Mon) 09:42ちるあ。 [ URL|Mail ]

    やっぱりっ!! チムはただものじゃなかったようだなっ!! 
    物語に、深みが出たじゃんっ! 

  5. 2007/02/12(Mon) 23:14すずの♪ [ URL|Mail ]

    うわぁ♪ ペギラン、かわいすぎる~~。。 
    えっ?? チムは普通の人間じゃないのかな?? 

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム