FC2ブログ
2007
02
19

ミッチュル♪

 
 
 
チムは、謎のじいちゃんを追って
洞窟の中に入っていくと・・・
 
そこは、分かれ道がいっぱいあって、
迷路になってるみたいだった。
 
 
「 キンちゃんを連れて、どこ行っちゃったのかなぁ・・・」
 
 
チムは、謎のじいちゃんを見失ってしまった。
 
 
すると・・・
遠くの方から、かすかに声が聞こえた。
 
 
「   ・・・チュル~~~~ ・・・   
 
 
よく聞くと、さっきのじいちゃんの声だ。
 
チムは、声がした方の道を選んで進んでいった。
 
 
 
 
「 ミッチュル~~~~っ!!」
 
 
洞窟から外に出たところの断崖絶壁の場所で
じいちゃんは、下の方に向かって叫んでいた。
 
よく見ると、
苔おたまキンちゃんをヒモで結んで、
なにかを 釣るみたいに、垂らしていた。
 
 

「 ミッチュル~~~~っ!!」
 
 
チムは、じいちゃんの横から下を見たら、
ピンク色したウサギかネズミみたいな生きものが
 
下の崖の岩のところにいた。
 
 
 


 
 
 
 
「 おお~~ わしのかわいいミッチュルが
崖から、落ちてしまったんじゃあああ・・・ 」
 

じいちゃんは、泣きながら・・・
必死で、キンちゃんを ミッチュルの顔あたりで
ぶらぶら揺らした。
 
 
チムが、それを見て言った。
 
「 キンちゃんを、えさにしちゃダメっ!」
 
 
 
そうこうしてるうちに・・・
ミッチュルは、しっぽをバネのようにして
ピョ~~ンって、下に飛び降りた。
 

「 うぎゃああ~~~!! ミッチュル~~っ!」
 

謎のじいちゃんは、大声で叫んだ。
そして、泣き崩れるようにチムに抱きついた。
 
抱きついたついでに、チムのお尻をにぎった。
 

「 きゃっ!」
 
思わず、チムは声をあげた。
 

「 はっ! いかんいかん・・・
こんな時に、わしは何をやっとるんじゃぁ!」
 

「 ミッチュル~~~っ ずるずる~~っ!!」
 

謎のじいちゃんは、オロオロするばかり・・・・
 
 
 
キンちゃんを取り戻したチムは
その光景をみて、かわいそうになり、

「 じいちゃん。 チムが探してきてあげるよ。」
 
って、じいちゃんに言った。
 
 
 

Comment

  1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。
  2. 2007/02/19(Mon) 23:33みつるぉ嬢様! [ URL|Mail ]

    落ちたってより・・・逃げたんじゃないの?( ´艸`)ムププ

  3. 2007/02/19(Mon) 23:37杏♪an [ URL|Mail ]

    (「・・)あ うちだけかな 画像が 見えないの・・・グスン・・

  4. 2007/02/19(Mon) 23:39杏♪an [ URL|Mail ]

    o(*^▽^*)oぁはっ♪ 見えた^^ なんとピンクのばねばねちゃん♪

  5. 2007/02/20(Tue) 21:18すずの♪ [ URL|Mail ]

    じいちゃんは、ミッチュルを、かわいがってるんだねっ。。  

  6. 2007/02/20(Tue) 22:40ウッド [ URL|Mail ]

    ウサギさん意地悪そうな顔してる(笑

  7. 2007/02/22(Thu) 00:35静原 恋♪ [ URL|Mail ]

    でしょ♪  

  8. 2007/02/24(Sat) 00:07ちるあ。 [ URL|Mail ]

    なるほどっ!! ミッチュルの大好物は、たまたまかっ!! ぶ!  

Comment Form


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

静原 恋♪

Author:静原 恋♪
 
不思議な世界 「しずわーる♪」

ここは・・・ しず♪ (静原 恋♪)が
CURURUと言う、今はなきブログで
綴った思い出の場所♪  ・・そして、
しずわーる♪の悪戯アイデアノート
でもあります。

ちゃめっけ満載の良き時代でしたYO♪

ここは神聖な思い出の場所として・・
更新は行いません♪  ぷっ♪

MYSTERIOUS SHIZUWORL♪

続きは・・  ここで会いましょう♪♪

  

最新トラックバック

検索フォーム